ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

キモかわいい!?目玉おやじみたいな赤ちゃん監視モニター「Raybaby」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

babyray_1赤ちゃんの睡眠状態や体温などを監視するベビーモニター。スマホと連動することで、家のどこにいても我が子の様子がわかるという、育児の便利アイテムだ。

テッカブルでも多くのベビーモニターを取り上げてきたので、読者の皆さんならだいたいの仕組みはおわかりのことと思う。今さら感もあるかもしれないが、デザインが特異なので、ここでもう1つ、あえてご紹介しておこう。

・高度な機能で赤ちゃんの睡眠と呼吸を追跡

babyray_5世界最大のハードウェアアクセラレータープログラムHAXの支援を受けて開発された「Raybaby」。高感度マイクとスピーカー、低照度ビデオカメラによって、赤ちゃんの体の動きや呼吸数を随時測定していく。ウリは高度なマイクロパワー超広帯域レーダーセンサー。睡眠トラッキングの他、発熱や喘息、気管支炎といった突発的な病気も、即座に感知し、アラート送信する。

通知と確認はもちろん、スマホから。ライブストリーミング機能も搭載されているので、普段会社にいるお父さんも、子どもの様子を逐一チェックできる。

・デジタル臭さを排除した温もりあるデザイン

babyray_3最先端のAIプラットフォームで構築されただけあって、機能はかなり優秀。しかし、制作側がシステム以上に力を入れたのは、デザインだという。いかにもウェアラブルといった武骨な外観は避け、フレンドリーで温もりのあるものをめざした。

出来上がりは、画像のとおり。昔からある木の玩具をヒントにしたらしいが、手放しでかわいいとは言えない雰囲気。形だけ見ると、ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじそっくりだ。

・壁掛けもOK

babyray_4そうは言っても、従来品より子ども部屋にフィットするのは事実。ベビーベッドのそばに置いても、違和感がないのは木材ならでは。固定器具を使って、壁に取り付けることもできるので便利。赤ちゃんが成長するまでの数年間、インテリアとしても十分活用できそうだ。

Kickstarterで公開したところ、早くもサポーター続出。わずかな期間で目標額を達成した。プレオーダー価格は、129ドル(約1万4000円)から。3月17日まで、受け付けている。

Raybaby/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。