体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『サーティワンチョコレート(ラブポーションサーティワン)』人気アイスフレーバーがハートづくしチョコに!

サーティワンアイスクリームの人気フレーバー「ラブポーションサーティワン」をチョコレートにした『サーティワンチョコレート(ラブポーションサーティワン)』株式会社不二家から新発売。アイスクリームをチョコレートで表現したというが、気になるその再現度とは?さっそく食べて確認しよう!

パッケージからチョコレートまですべてがハートづくし!

サーティワンと不二家のコラボとしては、過去に「ポッピングシャワー」をイメージしたチョコレートが発売されているが、今回はバレンタインシーズンに合わせてハート型のチョコ菓子が特徴の「ラブポーションサーティワン」を再現。『サーティワンチョコレート(ラブポーションサーティワン)』(個包装込み38g・参考小売価格 税別200円・2017年1月17日発売)として販売中だ。

パッケージには多数のハートが描かれ、バレンタインモード全開。側面には、メッセージが書けるスペースも用意されている。開いてみると、内側部分がハート型にくり抜かれるというキュートな仕掛け付きだ。

気になるカロリーは、1粒あたり27kcal。ピンクの個包装に包まれたチョコが全部で8個入っている。

アイスをチョコレートで再現…果たして結果は!?

個包装を開けるとラズベリーの大人な香りが広がるが、チョコレートの甘さも十分に伝わってくる。つまりは“美味しいニオイ”である。

ぷっくりとしたハート型のチョコをかじってみると、ラズベリーソースがトロリとあふれ出し「おっとっと~」と慌てて口に運ぶことに。ソースが緩めなので、一口で食べることをオススメしたい。

周りを包むミルクチョコレートの甘さに、ラズベリーソースの酸味、なめらかなラズベリー風味のチョコがそれぞれ感じられる。

ピンク色のチョコレートは「ラズベリー&ホワイトチョコアイス風味のクリーム」だというが、そもそも「アイス風味」という表現には若干無理があるような…!? だが確かに通常のチョコレートより軽めの食感で、しっとりとした質感はアイスに近いのかもしれない。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会