ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

世界初! ハンドドリップで日本茶を淹れる店

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

世界初! ハンドドリップで日本茶を淹れる店
J-WAVEで放送中の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「PIN UP」。2月8日(水)のオンエアでは、世界初となる「ハンドドリップで淹れる日本茶」を紹介しました。

まるでコーヒーのように、ハンドドリップで淹れた日本茶が飲める専門店「東京茶寮」が、今年1月、三軒茶屋にオープンしました。カフェのような佇まい、そして、目の前で行われるハンドドリップのパフォーマンスはとてもフォトジェニックでSNSを中心に話題になっています。

世界で人気が高まっている日本茶。90年代と現在を比べると、その輸出量は10倍以上となっているそうです。そんな日本茶をハンドドリップで淹れてくれるという、ありそうでなかったとてもユニークなこのお店。今回は東京茶寮のクリエイティブディレクター、谷本幹人さんに詳しいお話を伺いました。

日常でよくコーヒーを飲んでいたという谷本さんは、サードウェーブコーヒーのブームを受け、いろいろなカフェに足を運んでいたそう。「そこのバリスタの方が淹れるのはコーヒーなんですけど、優しくてコミュニケーションもおもしろいので、そういったところがお茶でもできたらなぁと思っていました」と、お店を開いたきっかけを語ってくれた谷本さん。

お店のコンセプトは「お茶を介してなんでもない会話をする」。「急須(ドリッパー)を間に挟んで2人の会話が生まれるようなものとして作っています」(谷本さん、以下同)

お店のメニューは、1300円の「煎茶飲み比べコース」のみ。東京茶寮が全国の農家から直接仕入れた、茶葉7種類の中から2種類をセレクト。茶葉の違い・温度の違いでそれぞれのお茶を楽しみます。最後は、どちらか1つのお茶に玄米を足して、玄米茶で締めるコースとなっています。セットにはおはぎなど和菓子もひとつ付いてくるそうです。

さらに、お茶それぞれにQRコード付き「煎茶カード」がもらえるので、お茶を待っている間にそれを読み込むと、それぞれの産地のストーリーを楽しむことができるそう。

そんな東京茶寮で使われているのは、世界初となる日本茶専用のハンドドリップの器具。

「デザインの中には、ドリップするときに美しく見える所作であったりとか、どういう動きをすればよりお茶が美味しく見えて、その体験が楽しくなるのか、というところまで考えて作っています」

味や香り、器具だけでなく、お茶を淹れる姿まで考えているとはすごいですね。ぜひお店を訪れて、“世界初のお茶”の味とともに、気になるその所作を確かめてみてください♪

ただ、お店は9席しかないそうですので、事前の予約がオススメ。詳しくは「東京茶寮」の公式サイトをご覧ください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP UP!」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。