体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まだ間に合う!長崎ランタンフェスティバル完全ガイド!【2017】

まだ間に合う!長崎ランタンフェスティバル完全ガイド!【2017】 新地中華街会場(湊公園)

長崎の定番冬イベントといえば、100万人を魅了する「長崎ランタンフェスティバル」!中国の旧正月を祝う「春節祭」を起源とする、長崎の冬の一大イベントなんです。

市内中心部にカラフルなランタンが灯り、その数1万5000個!

今回はそんな魅力いっぱいの「長崎ランタンフェスティバル」の見どころを完全ガイド。

滞在時間別のおすすめコースもご紹介していますので、ぜひ参考におでかけしてみてくださいね。

2017長崎ランタンフェスティバル

ランタンが灯され中国ムード一色に!

■開催期間/開催中~2月11日(土・祝)

■開催時間/17時~22時(金・土は~23時) ※点灯時間、イベントの時間は、会場によって異なる

■開催場所/長崎市中心部一帯

<新地中華街会場までのアクセス>

●電車/JR博多駅よりJR長崎駅まで特急で2時間。路面電車「長崎駅前」より1番系統「正覚寺下」行きに乗り「築町」で下車 乗車時間10分

●高速バス/博多バスターミナルよりJR長崎駅前まで2時間30分

●車/長崎道長崎ICよりながさき出島道路経由で10分 2017長崎ランタンフェスティバル

問合せ/長崎市コールセンターあじさいコール

TEL/095-822-8888

住所/長崎県長崎市中心部一帯

「2017長崎ランタンフェスティバル」の詳細はこちら

ランタンフェスティバルとは?

中国の「元宵節」にあわせてランタン(中国提灯)を飾る風習に倣い、長崎の街がランタンやオブジェで彩られます。幻想的なランタンの世界に酔いしれよう!

\1日満喫/全部楽しむコース

1.新地中華街会場(湊公園)

↓徒歩10分

5.孔子廟会場

↓徒歩15分

6.唐人屋敷会場

↓徒歩5分

A.楊家菜房 翠獅庭

↓徒歩10分

2.中央公園会場

↓徒歩5分

3.中島川公園会場

↓徒歩5分

4.浜んまち会場

↓徒歩すぐ

B.長崎銘菓クルス浜町店

\滞在3時間以内/サクッと楽しむコース

1.新地中華街会場(湊公園)

↓徒歩すぐ

A.楊家菜房 翠獅庭

↓徒歩10分

2.中央公園会場

↓徒歩5分

3.中島川公園会場

↓徒歩5分

4.浜んまち会場

↓徒歩すぐ分

B.長崎銘菓クルス浜町

1.新地中華街会場(湊公園)

まるで光のテーマパーク!

新地中華街会場(湊公園)どっちを見てもランタン尽くし。記念撮影スポットにもグッド 新地中華街会場(湊公園)湊公園に登場する、干支にちなんだ巨大オブジェは必見!

ランタン初心者なら、まずは訪れたいメイン会場のひとつ。大小様々なオブジェがズラリと並び、大きいもので高さ10mも!豚の頭が並ぶ祭壇や、独特の線香の香りなど、会場はまさに中国そのもの。ステージイベントも毎日開催!

2.中央公園会場

イベント見るならココで!

中央公園会場イベント数が多く、迫力のステージを近くで堪能できる

毎日多彩なイベントが開催される、メイン会場のひとつ。手に汗にぎる中国雑技や、音色に癒される二胡や胡弓の演奏など、必見のステージがいっぱい。ランタンオブジェやグルメ屋台も充実。広い会場なので比較的ゆったり過ごせるのも◎!

3.中島川公園会場

眼鏡橋を彩る黄色いランタン。

中島川公園会場眼鏡橋と黄色いランタンがマッチ!昼も夜も楽しめるよ

長崎の観光スポット・眼鏡橋がかかる中島川。川の上に飾られた黄色いランタンが、川面にユラユラ映って幻想的な雰囲気に包まれ、白鳥などの動物オブジェもキュート!橋の上や川沿いの遊歩道で、のんびり過ごすのがオススメ。

4.浜んまち会場

恋に効く!?「月下老人」に祈願。

浜んまち会場2月5日(日)には、子ども達に人気の手作りランタンコーナーが登場 浜んまち会場運命の2人の足首を赤い糸で結ぶと言われる「月下老人」
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。