体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CES 2012:米Texas Instruments、OMAP 5プロセッサーのデモを披露

米Texas Instrumentsは、同社のモバイル向けSoC”OMAP”シリーズの次世代モデル「OMAP 5」のリファレンスデザインをCES 2012で披露しました。発表済みのOMAP 5は、2GHzデュアルコアARM Cortex A15 CPU、デュアルコアPowerVR SGX544MP  GPU、ARM Cortex M4×2を搭載したSoC。28nmプロセスルールで製造されます。OMAP 4460 1.5GHzと比較して処理性能は最大3倍、3Dグラフィック性能は最大5倍、最大60%の消費電力削減が見込まれると言われています。Android 4.0.1を搭載したリファレンスデザインのCPUクロックは800MHzに設定されていたそうです。それでも、1.5GHz駆動のCortex A9と性能は同程度とのこと。解像度1,280×800(WXGA)のディスプレイを搭載し、GPUクロックは300MHz未満だったそうですが、Nenamark 2では平均フレームレート64fpsを叩き出しています(画面のリフレッシュレートの制限がなければ130fps程度出るそうです)。OMAP 5を搭載した製品は2012年末~2013年初頭にかけて登場するだろうと言われています。Source : Engadget


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Ericsson Xperia NX SO-02D(AAD-3880136-BV)がFCCを通過
CES 2012:LiveViewの後継「Smart Watch」のデモ映像
Android 4.0.3ベースのXperia mini pro向けカスタムROMが公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。