ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「青色LED訴訟」の升永英俊弁護士(一人一票推進中)が、みんなの党が推進している『憲法改正無し・国民投票で首相推薦制』で「日本は変わる」と大胆予想しています。

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「青色LED訴訟」の升永英俊弁護士(一人一票推進中)が、みんなの党が推進している『憲法改正無し・国民投票で首相推薦制』で「日本は変わる」と大胆予想しています。

「青色LED訴訟」で著名な升永英俊弁護士(一人一票推進中)が、みんなの党が推進している『憲法改正無し・国民投票で首相推薦制』をマニフェスト(みんなの党だからアジェンダ)していけば、「日本は変わる」と松田公太議員(みんなの党)に、ツイッターを通じて大胆予想・提言しています。
升永英俊twitterアカウント @masunaga_hide

みんなの党が『憲法改正無し・国民投票で首相推薦制』をマニフェストしていることを今月以降7月まで繰り返し意見広告すれば、500~ 800万票は貴党に流れる【予想】。


①貴党が、国民投票で首相推薦制をマニュフェストすれば、7月の総選挙で、貴党は比例で、1500~2000万票取る【予想】。そうすれば、新聞、TVは、貴党が憲法改正無しの事実上の首相公選制をマヌフェストしている事実を報道する【予想】。


②国民の70%は国民投票での首相選挙賛成なので、2013年7月の参院選で貴党は、121議席の過半数を制する【予想】。以後、マスコミは、更に、貴党が事実上の首相公選をマニュフェストしている事実を報道する(予想)。


③ 遅くとも、2016年に衆院選、参院選がある。事実上の首相公選論の貴党は、衆院選、参院選ともに、過半数の議席を占める【予想】。貴党は、衆参両院で、過半数を占めるので、国民投票法を改正し、憲法改正無し・国民投票で首相推薦制を実行する。


④そうなると、遅くとも、2016年までに、日本は、一人一票の国民投票で首相を推薦する制度を実施する【予想)。日本は変わる【予想】。

東京プレスクラブの記事一覧をみる ▶

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。