体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

島の港で近海マグロ尽くしだWOW WOW(魚魚)「お食事処 具志堅くわっちぃー」【石垣島】

f:id:mesitsu_la:20170113114515j:plain

父ちゃんが捕ったマグロを母ちゃんがおいしく料理!

こんにちは~。 石垣島出身で京都在住のメシ通レポーター泡です。

我らが石垣島のグルメといえば石垣牛などが浮かぶ方も多いでしょうが、実はマグロも知る人ぞ知る名物なのです。

潮の風に吹かれまくりなこの離島は、近海にいい漁場があるため遠洋で長期間の漁をせずともすぐに新鮮なマグロを持ち帰れるというのが強み。

漁港の近くには漁師の奥さんが営む“さしみ屋さん”があり、生マグロの刺身が4人前くらいで500円といった感じで手に入るのです。ツウな観光先としておすすめですよ!

そんなさしみ屋さんを激しくバージョンアップしたのが「お食事処 具志堅くわっちぃー」。 マグロ漁師のご主人が捕ってきたマグロを奥さんが調理して食べさせてくれるというナイス水入らずな連携プレイ。控えめに言って最高ですよね。

f:id:mesitsu_la:20170113114508j:plain

お店は、石垣島から竹富島や西表島などの離島へ渡る船が出る石垣港離島ターミナルの待合ロビー内にあります。石垣空港から直行バスも出ているので便利。

f:id:mesitsu_la:20170113114509j:plain

船着き場には石垣島出身のボクシングヒーローの像。

f:id:mesitsu_la:20170113114510j:plain

待合ロビーの北側に食事処やみやげ物店が集まっているので、海側の通路を奥までどうぞー。

f:id:mesitsu_la:20170113114511j:plain

賑やかなディスプレイが目印。店名の“くわっちぃー”は方言で“ごちそう”という意味です。まさにここにはくわっちぃーが待ってるんやでぇ〜。

f:id:mesitsu_la:20170113114512j:plain

店内はとてもコンパクト。壁に沿ったカウンターとテーブルが1卓。昼時は行列ができることも。

f:id:mesitsu_la:20170113114513j:plain

厨房の窓が船っぽい! そして壁一面にメニューが貼りまくられています。

f:id:mesitsu_la:20170113114514j:plain

お店を切り盛りしているのは、具志堅恵美子さんと娘の美保子さん。

「お店を始めて10年になります。最初はまぐろ丼と八重山そばだけだったけど、どんどん増えていったサ〜(笑)」と恵美子さん。

マグロ料理だけで約30品。ほかにも、八重山そばや丼などが揃います。大家族の海人家庭に育った恵美子さんは料理上手なお母さんの影響を受けて、和洋さまざまな料理を作るようになったのだそう。

同じ魚を飽きずに食べる手法を知らずと身に付けたのでしょうね。その恩恵にあずかれるのがやれうれしや。

「ほんとはもっと出したいんだけど、お店が狭いからヨ〜」 って、本当に狭いんですこちらの厨房。恵美子さん一人がすぽっと収まって身体の向きを変えながら刺身を切ったり麺をゆでたり何かを炒めたり。

大柄な私なら一度入ると出られないくらいの狭小スペースから、次々とうまきものが飛び出すマジック!

ささ、どんどんご紹介していきましょう。

f:id:mesitsu_la:20170113114515j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。