体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

漫画『ブラよろ』作者が『ニコニコ動画』の面白さに「そりゃあ、漫画も売れなくなるよなー」

『ビックコミックスピリッツ』で好評連載中の話題作品『新・ブラックジャックによろしく』の作者・佐藤秀峰(さとうしゅうほう)先生が、インターネットニュースサイト『ガジェット通信』編集部に遊びにきてくださいました。自身の公式サイト『佐藤漫画製作所』でも「なるほど。これがあの有名なガジェ通の…」とコメントしてくださいまして、編集部員一同、恐縮状態です。

佐藤先生は『新・ブラックジャックによろしく』などの漫画雑誌(紙媒体)だけでなく、インターネットサイト(ネット媒体)でも漫画を読めるようにしたいと計画しているそうです。読者にとっては読みたい漫画をいつでも安価で読めるようにし、漫画家にとっては表現と活躍の場が広がるようにしたい。そんな佐藤先生の願いが込められた計画といえるでしょう。

佐藤先生はガジェット通信編集部から毎週放送している『ニコニコ動画 生放送』の番組、『ミュージックギーク』を見学。カメラには映っていませんでしたが、実はカメラ側にずっと佐藤先生がいたのです! 『ニコニコ動画 生放送』をかなり楽しんでいただけたようで、佐藤先生が感想コメントで「そりゃあ、漫画も売れなくなるよなー」と書いていたのが印象的でした。しかし、ネットと漫画を繋ぐ第一人者が佐藤先生になる可能性も……。

『ニコニコ動画 生放送』の見学後、佐藤先生はガジェット通信編集部のフロアを探索。「社内を案内していただいたのですが、働いていらっしゃる方達の服装や、机周りの雰囲気が、漫画の現場にそっくりです。きっと技術職で、いい加減な人たちなんだろうなぁー、と思ったら、なんだか親近感までわいてきました」と、その感想をコメントしておられました。

ガジェット通信編集部にやってきた佐藤先生の当日のようすは、佐藤先生の公式サイトの日記にて書かれていますので、そちらをご覧ください。もしかすると、近日、佐藤先生といろいろなコラボレーションが実現するかも!? これからも、ガジェット通信は『新・ブラックジャックによろしく』と佐藤先生を全力で応援していきますよ(このニュースの詳細記事はこちら)!
 
(C)佐藤漫画製作所.
 

■こんな話題のニュースもあります
宝石店が無料で配布したダイヤ! 早くも『ヤフオク』に出品される
会社が崩壊! 11期連続赤字もネタにする自虐的ジャレコ公式サイトが話題
【E3】ゲームメーカーによる取材班の獲得合戦が勃発!
デジカメでもホタルをキレイに撮れる!? プロに聞いたホタルの撮り方!
チャリンコにつけるスピーカーバッグを試してみたYO!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会