ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ビルボードジャパンチャート2/13付およびRADIO ON AIR DATA 1/30〜2/5発表、配信実績の合算にGoogle Play Musicを追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ビルボードジャパンチャート2/13付およびRADIO ON AIR DATA 1/30〜2/5発表、配信実績の合算にGoogle Play Musicを追加

音楽サイト「Billboard JAPAN」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による2月13日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、Hot Overseas(集計期間:2017年1月30日〜2017年2月5日)および2017年1月30日〜2017年2月5日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

星野源「恋」、UVERworldとA.B.C-Zを抑え、JAPAN HOT100総合首位返咲きでV11達成

全指標のポイントが減少傾向にあるとはいえ、ダウンロードとルックアップと動画再生で1位、ストリーミングで2位と、これら4指標によるポイントが微減に留まり、星野源「恋」がJAPAN HOT100総合首位に返り咲きを果たし、通算V11を達成した。シングル・セールスでは、UVERworld「一滴の影響」49,197枚、A.B.C-Z「Reboot!!!」48,084枚を売り上げ、「一滴の影響」はダウンロードでも2位と星野源「恋」に次ぐポイントを上げたが、動画再生でシングルでの獲得ポイントを覆された形だ。

今年一層の躍進が期待される[Alexandros]「SNOW SOUND」は、ラジオ1位、セールス7位、ルックアップ5位など期待通りのポイントを上げたが、デジタル関連指標でのポイントに伸び悩み、総合4位に留まった。とはいえ、今回の結果がデジタル領域に影響を与えることは確実で、次週以降のチャート・アクションに注目だ。

今週のJAPAN HOT100から、ストリーミング・サービスのデータ提供先としてGoogle Play Musicが加わった。ちなみに前週のストリーミングは、1位グリーンボーイズ「声」2位星野源「恋」3位欅坂46「サイレントマジョリテイー」で、今週もトップ3は変わらなかった。今後もビルボードでは、ストリーミングやダウンロードなどのデジタル関連だけではなく、他指標でもデータの網羅性向上を目指していく。

UVERworld『青の祓魔師』OP曲がアニメチャート4週目にして首位に『3月のライオン』2曲も注目

11曲が初登場となった今週のアニメチャート。そんな中、先週8位のUVERworld「一滴の影響」(「青の祓魔師 京都不浄王編」オープニング)が見事首位となった。

「一滴の影響」はアーティストの人気もあり、CDリリース前からアニメチャートにチャートイン、今週で4週目となっている。今回のジャンプアップは2月1日にCDがリリースとなった影響。CDセールスとルックアップで1位になった他、デジタルセールスも1位。ラジオ2位、動画再生数4位と他指標でもポイントを伸ばし、2位以下に2倍以上のポイント差をつけた。今後はやはりライト・ユーザーをどこまで巻き込めるかがロングヒットの鍵。RADWIMPS「前前前世」の影を追いやり、2017年の顔となれるか注目したい。

「アイドルマスター シンデレラガールズ」関連曲の「BEYOND THE STARLIGHT」は今週2位に初登場。こちらはCDセールス2位、ルックアップ2位とほぼ全てのポイントをフィジカルで獲得、コアファンの支持を活かした手堅い戦略で好位置につけた。

また、3位はYUKI「さよならバイスタンダー」(「3月のライオン」オープニング)。ラジオで1位という強力なバックアップを得つつ、CDセールス(7位)、デジタルセールス(5位)とポイントを積んだ。なお、「3月のライオン」はエンディング曲の米津玄師「orion」も今週8位に初登場。こちらはTwitter 1位、動画再生数3位とネットユーザーの高い支持を得ており、2月15日のCDリリースに向けて準備万端といった印象だ。

エド・シーランが首位に返り咲き、ブルーノ・マーズは首位記録更新ならず

今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”は、エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が、再び首位を獲得した。動画再生ポイントが2倍弱伸びた他、ダウンロードとストリーミングのポイントも大きく上昇。ミュージックビデオの解禁に加え、1月31日には日本テレビ系「NEWS ZERO」に出演し、デジタル領域でのポイントを大きく伸ばしている。さらに、本楽曲との相乗効果によりエド・シーランの「キャッスル・オン・ザ・ヒル」も9位から5位へと浮上。こちらも、ダウンロード、ストリーミング、動画再生数全てのポイントが上昇した。

そして、2位は惜しくも洋楽チャート首位記録の更新が阻まれることとなったブルーノ・マーズ「24K」がチャートイン。ラジオ、動画再生ポイントは落ち着きを見せ始めたものの、ストリーミングは微減にとどまっており、まだまだロングヒットが期待できそうだ。

そして、トップ10内に初登場したのはジャミロクワイの7年振りの新作「オートマトン」。ラジオ再生数で、ジェイムス・アーサー「セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー〜最愛の君へ」に次ぐ2位を獲得。Twitter、ダウンロード、ストリーミングのポイントはまだまだといったところだが、5月の来日公演に向けて盛り上がることは間違いないだろう。

2017年2月13日付 Billboard Japan Hot 100

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
3

星野源
V
20161005
21
2
39
一滴の影響
UVERworld
SMR
20170201
2
3

Reboot!!!
A.B.C-Z
PC
20170201
1
4
32
SNOW SOUND
[Alexandros]
UJ
20170201
7
5

BEYOND THE STARLIGHT
城ヶ崎莉嘉(山本希望),緒方智絵里(大空直美),北条加蓮(渕上舞),川島瑞樹(東山奈央),大槻唯(山下七海)
C
20170201
1
6
4

グリーンボーイズ
ERJ
20170124
3
7

ヒトリセカイ
10-FEET
EMI
20170201
1
8
6
ヒカリノアトリエ
Mr.Children
TF
20170111
4
9
9
EXCITE
三浦大知
SGR
20170118
4
10

さよならバイスタンダー
YUKI
ERJ
20170201
1
11
11
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
32
12
15
STAY TUNE
Suchmos
SMC
20160127
26
13
14
サイレントマジョリティー
欅坂46
SMR
20160406
47
14
2
Lightning
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
RZN
20170125
6
15
8
PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)
ピコ太郎
AVT
20161207
18
16
69
トリセツ
西野カナ
SMER
20150909
76
17
12
二人セゾン
欅坂46
SMR
20161130
13
18

Beyond The Dream
THE IDOLM@STER SideM
LA
20170201
1
19
1
なぐりガキBEAT
関ジャニ∞[エイト]
JST
20170125
3
20
19
アイオクリ
The STROBOSCORP
SMR
20170125
2

2017年2月13日付 Billboard Japan Hot Animation

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
タイアップ
1
8
一滴の影響
UVERworld
SMR
20170201
4
TBS系「青の祓魔師 京都不浄王編」オープニング
2

BEYOND THE STARLIGHT
城ヶ崎莉嘉(山本希望),緒方智絵里(大空直美),北条加蓮(渕上舞),川島瑞樹(東山奈央),大槻唯(山下七海)
C
20170201
1
(声優)
3

さよならバイスタンダー
YUKI
ERJ
20170201
1
NHK総合「3月のライオン」オープニング
4
2
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
33
映画「君の名は。」主題歌
5

Beyond The Dream
THE IDOLM@STER SideM
LA
20170201
1
(声優)
6
14
Fighter
KANA-BOON
KMU
20170301
2
TBS系「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニング
7

TOMORROW
Machico
C
20170201
1
MXTV他「この素晴らしい世界に祝福を!2」オープニング
8

orion
米津玄師
SMR
20170215
1
NHK総合「3月のライオン」エンディング
9
1
Yes! Party Time!!
島村卯月(大橋彩香),渋谷凛(福原綾香),本田未央(原紗友里),赤城みりあ(黒沢ともよ),安部菜々(三宅麻理恵)
C
20170125
2
(声優)
10
5
Zenzenzense
RADWIMPS
EMI
20170222
2
映画「君の名は。」より
11
9
青空のラプソディ
fhana
LA
20170125
3
MXTV他「小林さんちのメイドラゴン」オープニング
12

おうちに帰りたい
アクア(雨宮天),めぐみん(高橋李依),ダクネス(茅野愛衣)
C
20170201
1
MXTV他「この素晴らしい世界に祝福を!2」エンディング
13
13
ワルキューレがとまらない
ワルキューレ
V
20170125
3
MXTV他「マクロスΔ」より
14

True Destiny
東山奈央
V
20170201
1
MXTV他「チェインクロニクル~ヘクセイタスの閃~」エンディング
15

ときめきエクスペリエンス!
Poppin’Party

20170201
1
MXTV他「BanG Dream!」オープニング
16
10
なんでもないや
RADWIMPS
EMI
20170222
24
映画「君の名は。」主題歌
17

フェアリーテイル
三月のパンタシア
KMU
20170201
1
MXTV他「亜人ちゃんは語りたい」エンディング
18

OVER THE TOP
Hey!Say!JUMP
JST
20170222
1
NTV系「タイムボカン24」オープニング
19

可愛くなりたい feat.成海聖奈(雨宮天)
HoneyWorks
MRA
20170222
1
(声優)
20
12
ひまわりの約束
秦基博
AOJ
20141224
123
映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌

2017年2月13日付 Billboard Japan Hot Overseas

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
3
シェイプ・オブ・ユー
エド・シーラン
WMJ
20170303
4
2
1
24K・マジック
ブルーノ・マーズ
WMJ
20161118
18
3
4
クローサー feat.ホールジー
チェインスモーカーズ
SMJI
20160729
25
4
6
パリ
チェインスモーカーズ
SMJI
20170113
3
5
9
キャッスル・オン・ザ・ヒル
エド・シーラン
WMJ
20170303
4
6
5
アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
マーク・ロンソン
SMJI
20150304
89
7
2
セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー~最愛の君へ
ジェイムス・アーサー
SMJI
20170125
7
8

オートマトン
ジャミロクワイ
UI
20170331
1
9
10
ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
54
10
14
シー・ユー・アゲイン
ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
WMJ
20150408
86
11
7
オン・ホールド
エックス・エックス
BEAT
20170113
7
12

ハッピー
ファレル・ウィリアムス
SMJI
20140430
119
13
16
シュガー
マルーン5
UI
20140903
84
14

アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー(フィフティ・シェイズ・ダーカー)
ゼイン・マリク & テイラー・スウィフト
UI
20161209
2
15

リヴ・ユア・ファンタジー
ホセ・ジェイムズ
UCJ
20170215
1
16

アイ・フィール・イット・カミング feat.ダフト・パンク
ウィークエンド
UI
20161223
7
17
18
ソーリー
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
57
18

キス・ディス
ストラッツ
UI
20170203
1
19

シェルター
ポーター・ロビンソン & マデオン
SMJI
20170215
1
20
17
ロッカバイ feat.ショーン・ポール & アン・マリー
クリーン・バンディット
WMJ
20161021
10

RADIO ON AIR DATA 1/30〜2/5 TOP5

順位
曲名
アーティスト名
1
SNOW SOUND
[Alexandros]
2
さよならバイスタンダー
YUKI
3
さいごまで
イトヲカシ
4
セイ・ユー・ウォント・レット・ゴー〜最愛の君へ
ジェイムス・アーサー
5
ヒトリセカイ
10-FEET

ラジオ、CSオンエアモニタリング(エアモニ)
調査基準:本サービスは下記条件を満たすオンエアのあった楽曲を対象に調査・集計。
・一曲につきワンコーラス以上、もしくは連続して60秒以上のオンエアがあること。
・BGMでないオンエアであること。

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard JAPANhttp://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。