ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

国内線の機内持ち込みで注意しておきたいアイテムを紹介

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
国内線の機内持ち込みで注意しておきたいアイテムを紹介

飛行機に乗る際、気になるのが機内へ持ち込めないアイテムではないでしょうか? 国際線ほど厳しくありませんが、国内線でも注意しておきたいアイテムが存在します。それでは、早速見ていきましょう。

 

1. 先の尖ったもの(ハサミ、爪切り、ヒゲソリ)

shutterstock_100139084

一番悩まれるのは先の尖ったものではないでしょうか?国内線では化粧品に使われる小さなハサミ(刃の長さ4cm以下)であれば持ち込み可能です。また、爪切りも持ち込むことができます。

ヒゲソリは一般的なT字型のヒゲソリ、電気カミソリは持ち込みOKです。

 

2. 喫煙用ライター

喫煙用ライターの持ち込みルールは少々、複雑です。喫煙用で10cm未満のライターに限り、持ち込み可能です。その際、自分の体に身に付けておく必要があります。

喫煙用ライターと安全マッチをセットにして持ち込むことはできませんので、ご注意ください。

 

3. 飲料水

shutterstock_359872097

国際線では何かと制限の多い飲料水ですが、国内線では基本的に持ち込むことができます。ただし、アルコールの場合は注意が必要です。アルコール度数24%~70%のお酒を持っている場合、1人につき5Lまでとなります。

また、アルコールの場合は検査で中身を確認することがあります。

 

4. 化粧品、香水、医薬品

飲料水と同様に基本的に機内へ持ち込むことができます。ただし、1容器あたり0.5kg、もしくは0.5L以下、1人あたり2kg、もしくは2L以下となりますのでご注意ください。

関連記事リンク(外部サイト)

世界一周中に持ち歩く4種類のカメラとその用途
旅に持って行くべき+αのアイテムって?女子大生デザイナーに聞いてみた
旅行への始まり、4つの代表的ガイドブックの選び方
夢を叶えたい人たちの間で話題!「死ぬまでにしたい100のことを書くノート」が各店舗で展開中!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。