体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【徳島・藍染め体験】深い青の上質感が魅力の「藍染め」体験の様子をご紹介

徳島県伝統の藍染めとは

藍の葉を発酵させた「すくも」を液状にして染める方法が藍染め。
深い青と上質感が魅力です。
そんな藍染めが盛んに行われていたのが四国の徳島県。
藍商奥村家の屋敷に作られた博物館、「藍の館」で藍染め体験をしてきました。
今回はミニタオルをストライプに染めてみます!

20151203144522_img_0841_1

 

藍染め体験①:準備

まずはタオルを木のストッパーできつく挟みます。
挟んだ部分には染料が入らず染まらないので、白く残ります。
木で挟む代わりに輪ゴムで縛ったり、布の折り方を工夫したりして、円形やひし形など様々な模様を作ることができます。

20151203154315_img_0934_1

藍染め体験②:染め場へ

藍染めの原料「すくも」が液状になった水槽。お風呂よりも大きな水槽です。

20151203160218_img_0954_1

藍染め体験③:藍の泡

水槽にはすくもを溶かした時にできる泡が。藍の華と呼ばれています。

20151203154630_img_0937_1

藍染め体験④:水槽に漬ける

水槽に漬けて1分程度待ちます。この間に藍の色素が布に付着。

20151203154828_img_0938

藍染め体験⑤:引き上げて酸化

引き上げて空気に触れさせることで酸化させます。
空気に触れさせた時に色が定着するので、水槽に漬けた時間は短くても長くても色は変わらないそう。
「水槽に漬けて→空気に触れさせて酸化」の回数が増えるほど色が濃くなります。

20151203155147_img_0949_1

藍染め体験⑥:漬けと酸化を繰り返す

色を濃くしたいので4回ほど漬けて→引き上げて酸化を繰り返しました。

20151203154843_img_0940-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

藍染め体験⑦:洗う

1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。