ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『2月8日はなんの日?』3年ぶりグラミー出演目前、ダフト・パンクの“金色のほう”ギ=マニュエルの誕生日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『2月8日はなんの日?』3年ぶりグラミー出演目前、ダフト・パンクの“金色のほう”ギ=マニュエルの誕生日

 2月8日はダフト・パンクのギ=マニュエル・ド・オメン=クリストの誕生日。普段はフルフェイス・ヘルメット(マスク)を着用し、素顔を見せないダフト・パンクの2人だが、ギ=マニュエルは通常「窓の大きい金色のヘルメットを着用しているほう」と言えば分かりやすいだろうか。

 ギ=マニュエルは1974年2月8日、フランス・パリ郊外のヌイイ=シュル=セーヌ生まれ。ダフト・パンクの相棒トーマ・バンガルテルとは中学時代からの友人で、ロックやソウル・ミュージックなど音楽の趣味が共通していることから、ともに活動を行うようになったという。

 昨年はザ・ウィークエンドとのコラボレーション曲「スターボーイ feat. ダフト・パンク」が全米ビルボードNo.1の大ヒットを記録。ダフト・パンクはこれまでに「アラウンド・ザ・ワールド」(1997年)、「ワン・モア・タイム」(2001年)、そして「ゲット・ラッキー」(2013年)など数々のキラー・チューンで全米ビルボードのダンスチャートを制してきたが、総合チャートでの首位獲得は、自身名義/コラボ曲含めこれが初となる。惜しくも2位止まりとなった「ゲット・ラッキー」での雪辱をザ・ウィークエンドとともに果たしたダフト・パンクは、2月12日午後8時(米国時間)におこなわれるグラミー賞授賞式にて3年ぶりにパフォーマンスをおこなう予定となっている。

 ちなみに、2017年は世界中のクラブ・シーンを席巻したデビュー・アルバム『ホームワーク』のリリースから20周年となる。

◎The Weeknd – Starboy (official) ft. Daft Punk
https://www.youtube.com/watch?v=34Na4j8AVgA

関連記事リンク(外部サイト)

新ホワイトハウス報道官、2014年のダフト・パンクに関する“勘違い”ツイートが話題に
ダフト・パンク、2017年にツアーなるか? 意味深な動画が公開
クリスマスはダフト・パンクのグッズに囲まれて……オーナメント、キャンドル、スノードームなどが発売中

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。