ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが首位に返り咲き、メジャー・レイザーの新曲が初登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが首位に返り咲き、メジャー・レイザーの新曲が初登場

 エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が、再び首位に返り咲いた、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 2週前、ミーゴズ feat.リル・ウージー・ヴァートの「バッド・アンド・ブージー」にNo.1の座を奪われたが、今週返り咲き、通算2週目の首位獲得を果たした、「シェイプ・オブ・ユー」。ポイントが上昇した理由として、1月30日に公開されたミュージック・ビデオのストリーミング・ポイントが加わったことが挙げられる。視聴回数は、2月7日時点で5800万視聴回数を記録していて、1月5日に公開されたリリック・ビデオも、2億回まで到達している。

 2位にダウンしたミーゴズ feat.リル・ウージー・ヴァートの「バッド・アンド・ブージー」は、順位は落としたものの、ポイント自体は先週よりも伸びていて、ストリーミングやエアプレイが好調。というのも、今週のアルバム・チャートで、この曲も収録された彼らの2ndアルバム『カルチャー』がNo.1デビューを果たしていて、アルバムのプロモーション効果が反映したものと思われる。この曲の他にも「Tシャツ」(19位)や、「スリッパリー feat.グッチ・メイン」など、計7曲を100位内にランクインさせた。

 1月26日に公開されたミュージック・ビデオが、4000万視聴回数を突破した、テイラー・スウィフトとゼインのコラボ・ソング「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」は、ストリーミング・ポイント上昇で3位に上昇。テイラーは9曲目、ゼインは「ピロウトーク」(2016年)に続く、通算2曲目のTOP3入りとなった。ただ、彼らがこれまでリリースしたビデオの初動視聴回数から見ると、若干伸びが悪いようにも思える。この曲が起用された映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』が2月10日に全米公開されるため、映画の公開やプロモーションにより、順位上昇も期待できる。

 2月中にリリースすると予告した、ドレイクの新作『モア・ライフ』からの先行シングル「フェイク・ラヴ」は、8位まで上昇中。アルバムがいつリリースされるかは確定していないが、サプライズ・リリースに向けて、更なる上昇は期待できそうだ。

 56位に初登場したのは、昨年「コールド・ウォーター feat.ジャスティン・ビーバー&ムー」を大ヒットさせた、メジャー・レイザーの新曲「ラン・アップ」。正確な発売日は決定していないが、2017年中にリリースされるであろう新作『ミュージック・イズ・ザ・ウェポン』からの先行シングルで、ラッパーのパーティーネクストドアとニッキ・ミナージュをゲストに迎えた、ダンスホール調のナンバー。1月26日に、デジタル配信とリリック・ビデオが公開されている。

 次週は、2月12日(現地時間)に開催される【第59回グラミー章】直前ということで、ノミネートされている楽曲が上昇することが予想される。<最優秀アルバム賞>含む最多9ノミネートとなったビヨンセのタイトルは、双子の妊娠発表も含め、リエントリーを果たすかもしれない。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、8日22時以降予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
2位「バッド・アンド・ブージー」ミーゴズ feat.リル・ウージー・ヴァート
3位「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」ゼイン&テイラー・スウィフト
4位「バッド・シングス」カミラ・カベロ&マシン・ガン・ケリー
5位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
6位「ドント・ワナ・ノウ」マルーン5 feat.ケンドリック・ラマー
7位「スターボーイ」ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク
8位「フェイク・ラヴ」ドレイク
9位「ブラック・ビートルズ」レイ・シュリマー feat.グッチ・メイン
10位「スカーズ・トゥ・ユア・ビューティフル」アレッシア・カーラ

関連記事リンク(外部サイト)

2月18日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
2月18日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
【米ビルボード・チャート】エド・シーランがMV効果で首位返り咲き、ALチャートはミーゴズが自身初の1位に(2/18付)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。