体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリジナルアクセサリーが作れる! 買える! 売れる! アクセサリーデザインアプリを試してみました

女性なら子どもの頃、お母さんのジュエリーボックスをこっそり開けて、指輪やイヤリングをつけて鏡の前に立った経験はありませんか? アクセサリーは、女性の永遠の友達。店頭のアクセサリーコーナーで、キラキラしたアクセサリーを眺めたり、自分に似合う一品を選ぶ時間は、いくつになっても胸がズンドコするものです。一方で、店頭でなかなか好みのデザインのアクセサリーに出合えず、何十分も悩んで、結局購入に至らなかったり、妥協したものを購入したりすることもあります。

ないのなら 作ってしまおう アクセサリー

ここ数年で、ウェブ上でハンドメイドの作品を売ったり買ったりできるハンドメイドマーケットやアプリが浸透してきました。自分で作った作品を売りたいと思っても、そこまで手先が器用ではないし、購入者との取引や発送手続きなどに手間がかかって、なかなかハードルが高く、ダウンロードしてそのまま・・・・・・なんてことも。今回紹介するアプリ「monomy」「Quintet」は、画面を指でタップしてパーツを組み合わせるだけで、いつでも誰でもアクセサリー屋さんになれちゃうアプリなんです。

小学生の女の子でもブランドオーナーになれる「monomy」

まず紹介するのは「monomy(モノミー)」。こちらはスマホ上でアクセサリーのパーツを自由に組み合わせてデザインでき、誰でもオリジナルブランドが持てるサービスです。現在40社の工場と提携し、スワロフスキー、天然石、タッセルや羽といった、質の高いパーツを、なんと3,000種類以上も取り揃えています。金属アレルギーを持つ方に嬉しい、抗アレルギー素材も用意しています。作れるアクセサリーのバリエーションはイヤリング、ピアス、イヤーカフ、ネックレス、ブレスレット、ヘアゴム。今回はピアスにチャレンジ!

①画面下の「つくる」をタップします。
②まずはベースとなるパーツをセレクト。モードなピアスに挑戦します!
③3,000種類以上の豊富なパーツから、使用したいパーツを選びます。
④パーツが接続できる部分に赤い「●」が表示されるので、パーツを指でドラッグして「●」同士をつなぎます。
⑤完成!
⑥モデル試着で、実際の装着イメージが確認できます。

注文して、待つこと数日・・・・・・。

届きました! ワフゥー! 早く開けたい! ドーーン!! 血沸き肉躍るゥ! 付けてみると、こんな感じ!

デザインしたアクセサリーが売れたら、売上の 10%が利益として還元され、現金化も可能です。アクセサリーの制作は、受注を受けてから熟練した職人が 1点ごと丁寧に手作りし、決済、配送、アフターケアまでを運営側が担当するので、面倒な手間が一切なし! ありがてぇ話です。小学生の女の子でもブランドオーナーになれちゃうんですよ! 筆者もアプリ内のショーケースに自分の作品が並んでいるのを眺めたら、自分のお店を持ったかのような心持ちになりテンション上がりました。monomyは今後、アクセサリーに限らず、靴・カバン・家具などを対象に、素材工場や製造職人たちと消費者をつなぐプラットフォームとして、さまざまなモノづくりを展開していく予定とのこと。monomyを介して、自分がデザインしたものに囲まれる生活はそう遠くないかもですよ!

天然石やゴールドのパーツが豊富な「Quintet」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。