体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「エッジ・カー・オブ・ザ・イヤー」1位のポルシェ 911タイプ964、その相場は今後どうなる?

▲「2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」でインポートカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは現行アウディA4シリーズでしたが、カーセンサーの方では20数年前のコレが栄冠に輝きました!

▲「2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」でインポートカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは現行アウディA4シリーズでしたが、カーセンサーの方では20数年前のコレが栄冠に輝きました!

「問い合わせ率」の異様な高さが受賞の決め手に

2017年1月末に発表された「2016 エッジ・カー・オブ・ザ・イヤー」で見事1位に輝いたのはポルシェ 911(タイプ964)だった。

エッジ・カー・オブ・ザ・イヤーは、過去1年間にカーセンサーnetに掲載があったすべてのモデルを対象に、カーセンサーならではのビッグデータ(総掲載台数/ユーザーからの問い合わせ総件数/掲載1台当たりの問い合わせ集中率)を独自のルールでポイント化。輸入車の中でそのポイント数順にランキングを作成し、1位となったモデルが「イヤーカー」となる仕組みだ。

今回1位に輝いたポルシェ 911タイプ964とは、89年途中から93年12月まで販売された空冷エンジンを搭載する911。「最後の空冷911」というわけではないが、初代911から脈々と続いた伝統のカエルの目玉的(?)ヘッドライト形状を採用した最後のモデルであるなどの理由から、生産終了後も世界中のフリークを魅了してやまない人気者であり続けている。

とはいえ最終型でも24年落ちとなる古いモデルゆえ、過去1年間の掲載台数は少なめである。その数は輸入車部門2位につけたポルシェ 911タイプ996の約半分であり、同3位となった現行ポルシェ 911の約4割。そんな964がなぜ1位に輝いたかといえば、「問い合わせ率」が異様に高いからだ。掲載台数そのものは少ないが、掲載されればほぼ確実にユーザーからの問い合わせが入りまくる……ということである。20年以上も前の、あえて悪く言うなら古くさい、決して「最良」ではないポルシェに、人は今なお強烈な魅力を感じていることの証左と言えるだろう。

だが今、筆者個人にとっての関心事は964という車の魅力についてではなく、「その相場は今後どうなるか?」ということだ。

▲89年登場のカレラ4からスタートした第三世代の911、タイプ964。スタイリングは往年の911そのものとも言えるが、中身は大幅な変貌を遂げている。90年には後輪駆動のカレラ2が追加され、ATながらスポーティな走行が楽しめるティプトロニックATも搭載。その他、タルガとカブリオレ、スピードスターも設定された

▲89年登場のカレラ4からスタートした第三世代の911、タイプ964。スタイリングは往年の911そのものとも言えるが、中身は大幅な変貌を遂げている。90年には後輪駆動のカレラ2が追加され、ATながらスポーティな走行が楽しめるティプトロニックATも搭載。その他、タルガとカブリオレ、スピードスターも設定された

相場は10年前の約3倍まで高騰。しかし最近はやや落ち着いてきた?

1 2 3 4次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会