体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国12万人のクルーのなかから選出! リオデジャネイロオリンピックの選手村へ派遣された現役女子大生に聞く、輝く自分の見つけ方

全国12万人のクルーのなかから選出! リオデジャネイロオリンピックの選手村へ派遣された現役女子大生に聞く、輝く自分の見つけ方

独協大学の4年生・黒木真夢さんは、日本マクドナルドで働く全国12万人のクルー*のなかから、オリンピック・チャンピオン・クルー(以下、チャンピオン・クルー)の一人に選ばれました。総勢9名のチャンピオン・クルーは、昨年に開催されたブラジルのリオデジャネイロにあるオリンピック選手村へ派遣。黒木さんたちは、選手村のなかにあるマクドナルド店舗を訪れたオリンピック選手を接客したのでした。

(脚注)

*クルーとは、マクドナルドでのアルバイトスタッフの呼び名です。

 

写真提供元:日本マクドナルド株式会社

そんな黒木さんに、選手村でのこと、普段のアルバイトで気を付けていること、輝く自分を見つけるためのヒントなどをお聞きしました。

 

自分の強みを“再認識したブラジル”と“披露した日本”

写真提供元:日本マクドナルド株式会社

Q:まずは、選手村へ派遣された感想から教えてください。

とても楽しかったです! 現地のブラジル人クルーと一緒に、厨房でハンバーガーやマックフルーリーを作ったり、カウンターで選手を接客したり、さまざまな仕事をさせていただきました。異国の地で働けて、文化の違いを肌で感じられたことも嬉しかったですね。違いを実感できて、私は自分の強みや特徴を改めて実感することができましたから。すごく貴重な体験でした。

 

写真提供元:日本マクドナルド株式会社

Q:12万人のなかから選ばれるために、黒木さんはどんなことをアピールしましたか?

私は大学で、発展途上国の支援について学んでいるんですが、その一環で、海外へボランティア活動をしに行ったことがあります。日本では、三味線や民謡などの、国内の伝統芸能を小さいころからずっと続けてきたんです。その、海外と国内の経験と、マクドナルドでの6年間の経験の全部を組み合わせて、和の心の体現者としてオリンピック選手をおもてなししたい、というようなことをアピールしました。あとは、得意の民謡をアカペラで、20人くらいを前にして歌い上げたことですかね(笑)。

 

「店舗のカウンターに初めて立ったときは、言葉がまったく出てこなかった」

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。