体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Radiko、日経電子版、Backlog、サンシャイン水族館の成功事例に見る「失敗しないリニューアルのキーファクター」

クリエイティブにも営業視点

12月19日に行われた「UX & Service Sketch」は大規模リニューアル特集。「Radiko」「日経電子版」「Backlog」、そして「サンシャイン水族館」の事例を通して、リニューアルプロジェクトに必要なものとは何か、トークとディスカッションが行われた。

昨年、タイムフリー(過去1週間以内に放送された番組を後から聴くことのできる)、シェアラジオ(放送の中の瞬間を切り取ってシェアすることができる)という2つの大きな機能を追加した「Radiko」。そのUI/UX設計に関わったのはSCHEMA。ディレクターを中心とした制作会社だ。

SCHEMA,Inc. パフォーマー 橋本健太郎氏

Radikoのリニューアルにあたって、クライアント(Radiko)側からの要望は次の3点。
新しい機能をしっかり伝えたい
使いやすさを向上させたい
時代にあったリニューアル感を出したい

一見、それほど無理難題ではなさそうだが、「以前のRadikoがすごくよくできていた」「歴史が長い業界なだけにさまざまな人が関わっていた」ことから、アプリとして形にするまでには時間がかかった。彼らが関わったUU/UX部分で1年10カ月だ。

どういうことかというと、「すごくよくできている状態に、先ほどの大きな2つの機能を追加すると画面の設計として破綻してしまうため、整理が大変」だったし、またラジオ局をはじめ、関係各社、多くのステークホルダーがいることで「とにかく調整が必要だった」のだ。

「プロジェクトマネジメントがしっかりしていれば、プロジェクトは炎上せずにしっかり着地できる。それにはコミュニケーションがマスト。プロジェクトマネジメントの中でもコミュニケーションがその9割を締める」と橋本氏は言う。

さらに、長期プロジェクトのクリエイティブの現場において本当に必要なのは営業スキルではないかとする。営業というと、どうしても泥臭い、汗臭いというイメージがある。しかし、その視点に注目すると、クリエイティブとは異なる出発点を設置することができる。クリエイターは「目の前にある課題をクリアしようとする」。一方、営業と呼ばれている人は「与えられたミッションを必ずクリアする」。このように、両者の出発点とゴールには大きな違いがある。それによって結果も変わってくる。

長期プロジェクトのクリエイティブには営業スキルも必要

サンプルとして橋本氏が上げた各ポジションによる考え方の違いは非常にわかりやすい。

ex:準備していたデザインプランが通らなかったら…
→ デザイナー「テイストを変えて提案してみよう」
→ ディレクター「別のデザイナーでもう1案提案しよう」
→ 営業スキルを持ったPM「決済者を確認して調整しよう」

つまり、決済者のまわりに何かNGの理由があるはずで、その要因を調整することで方向性を覆そうということ。こうした営業的な視点を持つことで、その局面を打開する新たな発想を出すことができる。

ただ「これを作って」と、その中でものを作るだけでなく、その領域にどんな人が関係していて、作ろうとしているものが世の中にどんな影響を持つのか、その幅を大きく見ることが重要だ。それにより、目の前の課題解決に柔軟に切り抜けていくことができるのだ。

リニューアルを一か八かのバクチにしない

昨年、誌面の全面的なリニューアルが行われた日経新聞電子版。開発・運用自体は内製で、深津貴之氏を中心とするTHE GUILDは、最初のコンセプトモデルのプロトタイピングの部分、そして以降、現在まで監修という位置づけで関わっている。

内製チームで開発・運用を続けることの最大の弱点は、メンテナンスやアップデートが作業の中心となり、メンバーに新規事業をやったことがない人・リスクを追って何かをするという人がいなくなってしまうこと、また、自分たちの評価と世間一般のズレを把握できなくなってしまうことだとした上で、深津氏は自分が思う一番大きなキーファクターは、外部と内部の相対的な位置関係、力関係を指摘する人だとする。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。