ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

心の琴線にやさしく触れる、猫を愛した作家にまつわる写真展

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


猫好きにとって猫にまつわる物語を知ることは、胸キュンしたり、じーんと心にしみたり、情緒豊かな気持ちになれる貴重な体験。昨今猫といえばテレビや写真集、写真展でおなじみの写真家・岩合光昭氏が有名だが、横浜ゆかりの作家・大佛次郎氏も愛猫家であったことをご存知だろうか。

その大佛次郎氏の横浜にある記念館で2月22日(水)より「大佛次郎×ねこの写真展 2017」が開催される。


横浜で1月~3月に催されている「撮る・みる・楽しむ。写真の祭典」フォト・ヨコハマ2017のイベントの一つとして『大佛次郎記念館』にて開催される「大佛次郎×ねこの写真展 2017」では、大佛氏の文章とねこの写真とのコラボや、


大佛次郎氏が撮影した猫や、大佛次郎と猫の写真の展示、


一般公募による猫の写真も展示する。応募された猫の写真は人気投票もおこなっており、人気1位の応募者にはプレゼントが贈呈される。イチオシの猫写真をお持ちの人はぜひ、大佛次郎氏の写真展で披露してみて。

また記念館では、館内の猫に関するクイズも出題。謎解きしながらゆっくりと記念館を歩いてみるのもよさそうだ。

『大佛次郎記念館』の休館日は毎週月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日)で、入場料は高校生以上が200円、中学生以下は無料となっている。

文豪と猫の物語を愛らしい写真と一緒に楽しみながら、心豊かな時間を過ごしてみて。

■『大佛次郎記念館』
住所:横浜市中区山下町113番地

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。