体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『デルガード タイプER』大人気のデルガードがパワーアップ! キャップレス化消しゴムで時短可能に

受験シーズン到来。今では多くの私立大学でマークシート方式を導入しており、受験生のストレスを少しでも減らそうとマークシート用シャープペンシルまで発売されるほどだ。もしかすると世のほとんどの受験生が”折れない”シャープペンシル「デルガード」を持っているかもしれないが、その「デルガード」がデルガード タイプERになってパワーアップして帰ってきた!

消えない消しゴムと消えるキャップをどうにかしようと立ち上がった!?

 

従来のシャープペンシルと言えば、替え芯を挿入する部分に、小さく消すと紙が黒くなる消しにくい消しゴムとキャップがついていた。キャップは高い確率で紛失、また消しゴムが消しにくくて全く使わない人もいただろう。

 

そんな消えない消しゴムと消えるキャップをどうにかしようと立ち上がったゼブラが開発したデルガード タイプER』(全6色・希望小売価格 税抜700円・2015年11月21日発売)が今話題を呼んでいる。

 

まずはそのデザイン。スタイリッシュで高級感が漂う。ラバーグリップ付きなので、長時間握っていても疲れにくくなっている。

 

以前おたナビでも紹介したように、「デルガード」の芯が折れない機能はそのままに、新機能「デルイレーサー機構」を搭載した!

 
あわせて読みたい:『文房具図鑑×デルガード』文房具好き少年・山本健太郎君の解説付きシャープペンシルを徹底検証!

 
あわせて読みたい:折れない芯を目指したゼブラの挑戦『DelGuard(デルガード)』の秘密は2つのスプリングにあり!

 

「デルイレーサー機構」を簡単に説明しよう。

シャープペンシルの向きを逆さにすると、頭から消しゴムが出てくる。

消しゴムはロックがかかり固定されるので、消すときに引っ込むことがなく、消し終わって本体の向きを元に戻すと、消しゴムが本体の中に収まるという仕組みになっている。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会