体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

身近な食材で楽しむ、ヒレ酒・骨酒入門【大人のスープ】

f:id:Meshi2_Writer:20170127111844j:plain

フグのヒレ酒って、うまいですよねえ。

香ばしくて、なんともうま味が濃厚で。お酒を楽しんでいるのに、極上のスープを味わっているかのような満足感が得られます。

もっと身近に楽しめたらなあ……!

f:id:Meshi2_Writer:20170127111751j:plain

なんてことを、飲み仲間でもあるスープ作家の有賀 薫さんと話しておりました。

有賀さんは日々、各国のスープや日本の汁もの研究にいそしみ、スープの本も書かれています。詳しいプロフィールは一番下をごらんください。

極上のスープを味わっているかのような満足感……ですか……。(有賀)

そのとき、有賀さんの瞳がきらりと光ったのを私は見逃しませんでした。

白央「有賀さん、ヒレ酒の世界、追求してみません?」

ヒレ酒や骨酒って、アラ汁とかの魚のスープ作りに共通するところがあるんですよ。私も前からちょっと興味があって。

白央「スープでいうと、ベースとして野菜や骨、肉類のうま味をうまく水に移すって考えがあるじゃないですか。日本だとそれがダシとして考えられるわけだし」

魚の骨や身のうま味を酒に移す……って考えたら、同じ方向性ですよね。

白央「もっと身近な食材で、フグヒレ酒的なうまさを楽しめたらこんないいことないと思うんです(単に自分が飲みたい)」

そうですね、ひとつ、やってみますか!

さっそく研究開始!

うるめいわしの干物

f:id:Meshi2_Writer:20170130165255j:plain

やるとなったら仕事の早い有賀さん。

スーパーの鮮魚コーナーなどで入手しやすい食材で、「骨酒・ヒレ酒」として楽しめるものをレポートしてくれました。

それぞれ、手順は以下のとおりです。 魚をしっかりと焼く。 お燗した日本酒180mlを注ぐ。※手に入りやすいワンカップ大関を使用。ちょうど容量が180ml(=1合) フタをして1~2分おく

f:id:Meshi2_Writer:20170127114116j:plain

こんなふうに小皿をのせてフタをしました。ラップをゆるくかけるのでもOK。

さあ、それではご覧ください!

f:id:Meshi2_Writer:20170127105833j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。