体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

暴走族と呼ぶな【珍走団(ちんそうだん)】だよ!絶滅に向けてやるばい福岡県警!

福岡県警(中央警察署)が制作したこんなポスターがSNSで紹介され話題になっている。

 

「エッ! 暴走族? いいえ、珍走団です。」

出典:https://twitter.com/0322tosiaki

 

「マダヤッテルノ? カッコワル~イ イケテナ~イ」といった声を、絵文字を使ってデジタルっぽく描き、完全に笑い者にしたポスターだ。

 

「暴走」とは良くない意味の言葉だが、語感からは勇ましさや力強さが伝わる。暴走族は、人から怖がられたり迷惑そうにされることが快感なわけだろうが、「珍走団」とドン臭い名前で呼ばれ、指差され笑われるのは意に反すからモチベーションが下がりそう(笑)。

 

ポスターの効果はどれだけ出るかわからないが、メンタルからやっつけるこの戦法に拍手を送りたい。

 

ちなみに「珍走団」の名称は、2001年頃にラジオの深夜番組で「暴走族に代わる表現」を募集した中から選ばれた言葉で、それが2ちゃんねる等のネット上やテレビでも取り上げられて話題になった。この時に、世間に浸透すればよかったのだが、あまり熱は上がらなかった。

 

それが今になって、おカタイ警察が引用しだしたというわけだ。名称が珍走団じゃなくても、早くこの発想を取り入れて撲滅に取り組めばよかったのに、と思う。

 

暴走族(旧名)の生息数No.1


チャンプロード 2016年11月号
Fujisan.co.jpより

福岡県警がこんな奇策を打った理由のひとつに、暴走グループ(暴走族、旧車會※ざっくり言うと暴走族OB)数全国1位という現実がある。

 

最新データは2015年だが、全国の暴走族の活動状況は、構成員6771人(前年比59人減)。ピーク時の1982年4万2510人からは6分の1で、17年連続の減少。グループ数も227(71減)だった。そんな中で、福岡県の暴走グループ数は、2013年には71団体(1138人)だった。2位の大阪府は約50団体だったので、かなりダントツである。

 

そこで福岡県警は汚名返上とばかりに、暴走グループ殲滅にあの手この手を使い始めるわけである。

 

 

LINE芋づる逮捕大作戦!

2014年、暴走グループが仲間内の情報交換をスマホのLINEで行っていることに着目。また、あるグループは外部に向けて見物人を募っている情報などを入手する。そこで、LINEに潜入調査してタイムリーな情報を引き出し、暴走中を狙って大量逮捕に何度も成功。

 

動画サイトに暴走行為をアップしているグループもいて、映像から対象者を割り出して逮捕に繋げるなど、このサイバー捜査は上々の効果をもたらせる。

 

あるグループのリーダー格が逮捕された際、「福岡は取締りがキツくなって走れない」と情報が出回った。そこで、佐賀で暴走行為に及んだところ話しが筒抜けで大量逮捕したケースもあったとか。このサイバーな手法は「福岡方式」と呼ばれ、全国に広がりを見せていとのこと。

 

これによって福岡では、2015年に107人を逮捕。2年連続で道交法違反(共同危険行為)の逮捕者数全国トップを記録し、県内の暴走グループ数を54団体(909人)にまで弱体化させた。

 

中高生刷り込み作戦?!

暴走行為根絶の”根”は、多感な時期の中高生時代からと考えたのか、福岡県警は2015年から「暴走族根絶ポスターコンクール」を開催。去年2016年は県内の中高生から386の応募が寄せられた。

 

出典:http://www.police.pref.fukuoka.jp/

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会