ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「早くして~ もれる~ もうダメ~」膀胱パンパンで失禁寸前!はじめての胚移植レポート by 肉子

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「早くして~ もれる~ もうダメ~」膀胱パンパンで失禁寸前!はじめての胚移植レポート by 肉子

こんにちは、肉子です。 前回のエピソード:初めての採卵レポ。労力と大金を費やした結果は…受精卵1個だけ!? by肉子

はじめての採卵で収穫できた卵子7個のうち、胚移植できるまで育った受精卵はなんと1個だけ。

これまで50万円ほど費やして、たった1つ摂れた大事な大事な受精卵です。

これでなんとか妊娠して不妊クリニックから卒業したい! というよりも、また採卵からやり直ししたくない!!

そんな想いを抱いて挑んだ初めての胚移植レポートです。

f:id:akasuguedi:20170118000048j:plain

この図で言うと、受精して3~4日目ぐらいで成長した8細胞期になれば移植OKと見なして凍結保存できます。

受精卵が桑実胚まで成長する確率はだいたい3割程度です。

なので、わたしの場合どちらにしろ、7個のうち1~2個しか成長しない運命だったようです。

20代の卵子なら育つのか?

30代だからダメなのか?

女性の加齢による「卵子の老化」もありますが、この卵子のグレード(質)は個人差で大きく左右されるので、早い話「やってみなけりゃわからない」のです。

では、ドキドキの胚移植レポートです。

受精卵をカテーテルで子宮へと入れるのですが、子宮は体の中でクタッと折れ曲がっているらしく、それをカテーテルが入りやすいようにシャキッと立たせなきゃいけません。

どうやって…?

ズバリ、膀胱におしっこパンパン状態にして移植に挑むのです!

f:id:akasuguedi:20170118000149j:plain

どうでしょう、この図でわたしの言わんとすることが伝わりますでしょうか。

そう、移植は尿意との闘いでもあります。

はじめての移植で張り切りすぎて、めっちゃおしっこパンパンにして手術台に上がったのですが…

エコーの器具で下腹をグリグリ押されるので、めちゃくちゃ辛かったです。

ずっと「早くして~もれる~ もうダメ~

と脂汗をかきながらうめいてました。

f:id:akasuguedi:20170118000218j:plain

だって、アンタ(医師)がおしっこパンパンにしとけって指導したんじゃーん!!

移植の様子は、患者もエコーで見せてもらえます。

膀胱まっしろ状態が恥ずかしかった…///

けど、目の前のモニターでチョンと小さな卵が植えられる様子はなかなか見られるものではないので面白かったです。

移植されたら、すぐ帰ってもOKです。15分ぐらいで終わるので、ものすごくアッサリしてますね。

ちなみに、移植の費用は12万円ぐらいでした。

15分で12万が飛んで行った…フフ…。

f:id:akasuguedi:20170118000239j:plain f:id:akasuguedi:20170118000250j:plain

わたしも同じこと少し思ったのですが…

院長、ブレてねぇな~。(塩対応の院長のエピソードはこちら)

妊娠するために「腰を高くして寝る」関連の話、いろいろ聞いたことあったけど迷信だったのか…。院長は医学的エビデンス(証拠)のない話は大嫌いなので、聞く耳持たず☆

不思議なことに、この移植した当日の時点ですでに妊娠2週目としてカウントするのです。

2週間後に妊娠しているかどうかの判定を受けるためにまた来院するのですが、そこで陽性だったら妊娠4週、つまりすでに妊娠1か月目となります。

どうか妊娠してますように…!! 関連記事:今、お腹のなかに「命のたまご」が入った…!愛おしい「受精卵」移植の瞬間 by pika

f:id:akasuguedi:20160824105206j:plain

著者:肉子

年齢:37歳

子どもの年齢:3歳・1歳

100人婚活地獄から這い上がり30歳で結婚。健康には自信マンマン・産む気マンマンなのに不妊でずっこける。成果が実り、現在は2児の母。

ブログ:ヲタ腐ダイアリ

既刊:「100回お見合いしたヲタ女子の婚活記」全2巻

:「100回お見合いしたヲタ女子の出産記」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

体外受精の実際のところ。各ステップにかかる費用、そして結果はこうして告げられる
注射のために10日間連続通院なんて…勇気を出して不妊治療の自己注射にチャレンジ
妊活の休憩期間を経て、ついにたどり着いた「私達に合う病院」。そして体外受精へ!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。