体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

危ない女子に気をつけて!「ぼったくり合コン」の実態と対処法

f:id:tyo-press:20170202165229j:plain

男女が楽しく盛り上がるはずの合コンで起きてしまう悲劇、「ぼったくり合コン」をご存知でしょうか。女性に対して会費を余計に請求する手口が代表的ですが、同様の被害は男性にも及んでいます。

「支払いは男がするもの」という風潮を逆手にとり、男性に高額な支払いを負担させるだけでなく、さらに悪質な場合お店とグルになって10万円近い金額を請求するケースもあるようです。

今回は身近に潜む「ぼったくり合コン」を回避するための方法と、背後に潜む男女の心理について、日本合コン協会会長・合コンシェルジュの絵音さんに、お話を伺いました。

他人ごとじゃない?巷で起きた、ぼったくり被害集

まずは「ぼったくり合コン」に遭遇してしまった方の声をご紹介しましょう。編集部に寄せられたトラブルは以下の通り。お会計での違和感から計画性がある悪質なケースまで、その被害はさまざまです。

事例1】女の子が率先して高額なメニューや高いお酒ばかり注文。そのうえお会計で「当然おごりだよね」という態度を取られてしまい、後味が悪くなってしまった。

【事例2】幹事と事前に「今日は割り勘で」という話をしていたのに、「買い物してきたからお金なくなっちゃった」「お財布忘れちゃった」と言う女性陣。その場で知り合った方だと「次回払いますね」という話も難しい。

【事例3】合コンで女性陣が妙にお酒を勧めてきた。二次会でも同様にどんどんお酒を飲まされ、男性陣は泥酔。気づくと女の子は全員いなくなり、会計はかなり高額に……。その後もなぜか同様の被害に2〜3回遭遇。

積極的な女性にご注意!ぼったくり合コンを見分けるポイント

こうしたトラブル事例に対して絵音さんは、「いずれのケースにも共通しているのは『女性が主導権を握っている』点ですね」と指摘します。そこでぼったくり合コンを見分けるポイントや、被害の防止策を挙げていただきました。

・モテ女子から来る「合コンしようよ」に要注意

「普段から服装が派手でモテて、しかも婚活に興味がなさそうなタイプの女性から『合コンしよう!飲もうよ!』と積極的に誘われた場合は怪しいですね。さらにお店までピンポイントで指定してきたら、店側とグルになっている可能性もあるため注意が必要です。もし合コンの開催が決まったら、男性側がお店の選択肢をいくつか提示するようにすれば、想定外の高額支払いになる事態を防げます」

・「今日の俺、イケてる!」は勘違いかも……

「悲しいですが、普段とは比にならないほどモテモテになった合コンでは、一旦冷静になりましょう。また、合コン相手の露出度が高く、アプローチが積極的でも『今日の俺はイケてる!』と舞い上がってしまうのは要注意。相手はそこに付け込み高いメニューをどんどん注文、気づいたときには恐るべき金額になっている……という手口かもしれません」

f:id:tyo-press:20170202165526j:plain

・「強いお酒大好き~♪」な女性に釣られない

「泥酔しているスキに女性が消えてしまうケースはかなり悪質ですね。女性が強いお酒ばかり頼むようでしたら、男性は気をつけましょう。お酒を飲みたがる女性がいると、つい嬉しくなってしまう男性の気持ちは分かります。ですが、もし純粋にお酒が好きな女性だとしたら、普通は『なに頼もうか?』『これ飲んでもいい?』というコミュニケーションがあるはずです。ですから、勝手にどんどん注文してしまう場合は要注意ですね」

・ガツガツ頼みたがる女性には、大人の余裕で対処

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会