体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、Android 2.3搭載「Galaxy Player 3.6」を韓国で1月16日に発売

SamsungがAndroidを搭載した”Galaxy Player”の新機種「Galaxy Player 3.6(YP-GS1)」を韓国で発売すると発表しました。今回発売されることになったGalaxy Player 3.6は、3.65インチディスプレイを搭載した、Galaxy Playeyの中では比較的コンパクトなモデル。欧州ではGalaxy S Wi-Fi 3.6として発売されています。韓国版では学生向けの教育用コンテンツが複数含まれているそうです。音声通話機能は搭載されていませんが、携帯電話とBluetoothで接続して電話をかけることができるそうです。タブレットでも可能でしょうね。SoCはTI OMAP 3 1GHz(シングルコア)、カメラは背面に200万画素CMOS/前面に30万画素CMOSを搭載。Skypeアプリを使ったビデオ通話も可能。音楽機能ではSamsungの音響機能「 SoundAlive」にも対応します。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0、DLNAに対応します。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)でAndroidマーケットにも対応します。ラインアップは8GBモデルと16GBモデルの2種類。価格はそれぞれ20万ウォン台(約13,000円)、24万ウォン(約16,000円)。発売日は1月16日。Source : Samsung


(juggly.cn)記事関連リンク
CES 2012:カシオが"G-SHOCK"ブランドのスマートフォンを展示
NTTドコモ、女性向けスマートフォン「F-03D Girls’」の予約受付と、スマートフォンラウンジにおけるXperia NX SO-02Dの先行展示を開始
Samsung、ドイツでデザインを一部変更したGalaxy Tab 7.0 Plus Nを発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。