ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京スカイツリーのディスコイベント開幕、DJ KOO登場で「レッツ!!フィーバ〜〜〜!!」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東京スカイツリーのディスコイベント開幕、DJ KOO登場で「レッツ!!フィーバ〜〜〜!!」

2月3日、東京スカイツリー天望デッキ フロア350にてディスコイベント「SUPER SKYTREE DISCO」のオープニングセレモニーが行われた。

セレモニーには、80年代、90年代にも活躍したマイケル富岡、田中美奈子のほか、宇治田みのる、DJ KOO、DJ SHU1、misonoが登場し、ディスコ全盛期のバブル時代の様子を振り返るとともに本イベント参加への意気込みを語った。

セレモニー冒頭、マイケル富岡と田中美奈子がディスコ時代の衣装で登場すると、セレモニーを見守る一般の来場者も大盛り上がり。衣装について「ちょっと大きめのダブルのスーツに、肩パット3枚」(マイケル)「スタイリストさん泣かせの衣装」(田中)と語り、笑いを誘っていた。

司会を務める宇治田みのるが「当時どんなディスコに行っていたか?」「SUPER SKYTREE DISCOで聴くならどんな曲が聴きたいか?」といった質問を投げかけると、マイケルと田中の2人は当時を彷彿とさせる熱いトークを繰り広げ、「その曲が出てくるなんて、本物!」と宇治田みのるを唸らせていた。

また、マイケルは「バブルの時代はエネルギッシュだった。今の日本に必要なのは、エネルギー。もっと遊んでほしい!」と、今の日本にエールを送っていた。

また、セレモニー中盤では「SUPER SKYTREE DISCO」期間中、毎週金曜日に行われるDJイベントに登場するDJとライブアーティストのラインナップが紹介された。

同イベントは、音楽ストリーミングサービス・AWAとのコラボレーションによって実現したもので、80〜90年代のディスコ時代の象徴ともいえるレジェンドDJから、今も第一線で活躍するトップDJ、懐かしのディスコの人気DJたち22人が競演する。

終盤には、セレモニー後のDJイベントに出演するDJ KOOとmisonoも登場。東京スカイツリーについて聞かれると、misonoは「東京スカイツリーは、お姉ちゃんの子どもとのデートスポットなんですよ!幸田姉妹は高所恐怖症なんですけどね(笑)」と答え、DJ KOOは「東京スカイツリーは、今日が初めて。世界一の夜景をバックに全員が楽しめるDJプレイをしたい!」と意気込みを語った。

セレモニーの最後には、DJ KOOによる「スーパースカイツリーディスコ!」の掛け声に登壇者と一般の来場者が「レッツ、フィーバー!!」と応え、3月17日までの約6週間にわたって開催されるイベント「SUPER SKYTREE DISCO」が幕を上げた。

関連リンク

「SUPER SKYTREE DISCO」http://www.tokyo-skytree.jp/special/disco2017/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。