ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Google、AMPプラットフォームにオリジナルURLを簡単に表示する仕組みを導入

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Google は 2 月 6 日、モバイルデバイスから WEB アクセスを高速化する「Accelerated Mobile Page(AMP)」のプラットフォームに記事ソースのオリジナル URL を簡単に表示する新機能の導入開始を発表しました。AMP では一部の URL が Google 固有の URL に変更した形で提供されるので、リンクを共有する際には URL が長くなったり、人によっては信頼性の無い共有リンクと思われてしまう場合もあります。そこで Google は AMP で提供される WEB ページにオリジナル URL を表示するためのツールをアドレスバーのタップで表示するようにしました。URL をタップすると、WEB サイトのトップ URL とリンクボタンなどが表示され、リンクボタンをタップすると、AMP ではない通常の URL が表示されます。URL をタップするとオリジナルの URL にアクセスできるようになります。今まで同様の操作を行うにはアドレスバーをタップして URL の不要な部分をカットするなどの手間がかかっていましたが、今後は簡単にオリジナル URL を表示できます。なお、この機能は、まず iOS 版の Google アプリと Chrome で提供され、Android 版アプリには今後数週間のうちに提供されます。Source : Google

■関連記事
Snapdragon 835のマルチコアパフォーマンスはSnapdragon 821から50%以上も向上
Xiaomi Mi MIXホワイトカラーが中国で発売開始
京セラの海外版TORQUEこと「DuraForce Pro」がiFデザイン賞2017を受賞

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。