ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

変わるキューバ。変わらないキューバ。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
変わるキューバ。変わらないキューバ。

ラムと葉巻と音楽という、漠然としたイメージしかなかったキューバという国。

アメリカとの国交回復ということもあり、「今のうちにキューバに行っておいたほうがいい」という話をよく聞くようになり、旅行を決めた。

車、建物、海、看板、人
どれも刺激的だ

変わるキューバ。変わらないキューバ。

東京から、メキシコシティを乗り継いで、キューバに入った。

今の時代、インターネットはあたりまえのように繋がり生活の必需ツールだが、キューバでは使える場所を制限されているあたりからも「異国感」を感じ、それがかえって心地よかった。

写真を撮るというのは、旅最大の楽しみで気合いを入れて行ったが、お世辞ではなくどこもかしこも絵になった。車、建物、海、看板、人、どれも刺激的で、とにかくかっこよかった。

なにも事前情報を持たずに行った旅だったので、とりあえずメジャーな観光地、ハバナ旧市街に向かい歩いていた。その土地を知るにはまず歩いてみるのが一番いい方法だと思い、北にカリブ海を眺めながら旧市街に向かって歩いていると、カラフルなクラシックカーがビュンビュン走り抜け、まるでディズニーランドのようなリゾートにいる感覚があった。

ハバナの街の
人たちのリアル

変わるキューバ。変わらないキューバ。

しかし、海とは反対の南側には、打って変わってハバナの人たちの生活感が漂っていた。海岸線も気持ちのいい道だったが、あえて生活感のあるほうへ歩いてみたくなり、路地へと入っていった。

灼熱の太陽が照りつける中、どこともなくラテンの音楽が鳴り、そこに住んでいるであろう人たちが立ち話をしていたり、子どもたちが道でサッカーをしていたり、まさにハバナの人々のリアルな生活がそこにはあった。

アジア人がそんなに多くないからか、そのエリアにはあんまり観光客が入らないからか、カメラを持って歩く僕は強い視線を感じた。ある種、恐怖感のようなものだった。

「写真を撮ってもいいか?」

変わるキューバ。変わらないキューバ。

引き返そうと思ったとき、褪せた緑の壁の前に立つおばさんがいた。じっとこっちを見ている。

あまりに絵になる光景だったので、「写真を撮っていいか?」というジェスチャーをした。意味を理解してくれたのかどうかはわからないが、拒否する様子はなかったので恐る恐るシャッターを4枚切った。おばさんは、その間ずっとこちらを見つめたままだった。

あとで写真を見直してみると、おばさんはうっすらと笑みを浮かべているように見えた。それを見て、僕はホッと安心した。

さっきまで感じていた恐怖感はきっと自分の思い上がりで、思い返せばどの思い出の中でも、キューバの人々は笑顔で明るく、オープンでキラキラしていた。僕はキューバの魅力を五感で感じ、すっかり虜になっていた。変わるキューバ。変わらないキューバ。変わるキューバ。変わらないキューバ。変わるキューバ。変わらないキューバ。

キューバは、唯一と言ってもいい社会主義における成功を築きあげた国、という認識があった。その土台を作った偉大な革命家、フィデル・カストロは悲しいことに昨年の11月に死去。そして、アメリカとは54年ぶりの国交回復をした。

これからも、国として変わっていくことはあるかもしれない。でも、僕が旅で出会ったキューバの街や人々のことを思うと、キューバはきっと、これからもキューバであってくれるだろうと信じている。

「Into the CUBA 〜seki&yagi trip art session〜」

・期間:2月18日 12:00〜2月26日 19:00
・場所:Gallery201(東京都品川区北品川6-2-10 島津山ペアシティ201)

Photografherの関竜太と、画家の八木亮太郎によるキューバ展はコチラから。

Licensed material used with permission by Into the CUBA ~ seki&yagi trip art session ~

関連記事リンク(外部サイト)

路地裏から見た「キューバ」という国の素顔(写真30枚)
世界初とWHOが認定!キューバが「HIV・梅毒」の母子感染撲滅に成功
NYで大人気のキューバン・レストラン「Cafe Habana」が日本初上陸!(5/28 OPEN)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。