ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、スーパーボウルで新トレーラーを公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月5日(現地時間)の午後、米テレビ局FOXで中継された第51回スーパーボウルの国歌斉唱に続き、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の新トレーラーが公開された。同作は2014年に公開されたヒット作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編だ。

トレーラーでは、寄せ集めのチームを結成したスーパーヒーローたちが点呼される。メンバーは、スター・ロード(クリス・プラット)、ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)、ドラックス(デイヴ・バウティスタ)、ロケット(声:ブラッドリー・クーパー)、ベビー・グルート(声:ヴィン:ディーゼル)、ヨンドゥ(マイケル・ルーカー)、新登場のマンティス(ポム・クレメンティエフ)、そしてネビュラ(カレン・ギラン)だ。

最高のミックステープのVol.2は、前作から2か月後に設定され、ガーディアンズは宇宙を旅して新たな家族を守る戦いに乗り出し、ピーター・クイルの出生の秘密を解き明かそうとする。

さらに続編では、クリス・サリヴァンがラヴェジャーズの反乱グループのリーダー、テイサーフェイスを演じ、エリザベス・デビッキが最高権力を有する人々のリーダーで、ガーディアンズの助けを借りる黄金の女教皇アイーシャを演じる。カート・ラッセルも太古の得体のしれない宇宙的な存在、エゴ役で参加する予定だ。彼はクイルの父親で、マンティスを育てた人物である。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は、米国内で3億3300万ドル、全世界で7億7400万ドルの興行収入を記録し、多額の利益を獲得した。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、2017年5月5日(現地時間)に米劇場公開する。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。