ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ゲーム買取で査定金額を受け取ったら確定申告は必要なのか?

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ゲームを買取してもらったら、思いのほか高額買取になって喜んだのもつかの間、確定申告が頭のどこかで気になっていませんか?特に何度もゲーム売り買いを繰り返している人は、チェック項目がいくつかあります。

確定申告時期になって焦らないためにも、必要事項を確認しておきましょう。年に数回ではなく、複数回ゲームを買取してもらっている方は要確認を。

ゲームを買取してもらったものの気になる確定申告

null

ゲームを買取してもらい、買取金額を受け取った時にいつも「確定申告」が気になりませんか?特に頻繁に売り買いを繰り返している方の中には、確定申告のことが頭をよぎり、少し買取してもらうのをためらったという方もいるでしょう。今回は、ゲームを買取してもらったら確定申告は必要なのかどうかをはっきりさせて、頭も部屋もすっきりさせましょう。

ゲーム買取で確定申告が必要のない人のパターン

null

年間20万円以内の査定金額を受け取ったという人であれば、確定申告・納税の必要ありません。

あまりにも新品同様のゲームの売り買いを繰り返している場合は、確定申告以前に「仕入れと販売を行っている可能性」もしくは「盗品である可能性」の2点の疑いから、買取店側から売り買いのストップがかかってしまう例もあるので注意を。

ゲーム買取で確定申告が必要になる人のパターン

null

年間の買取査定額に換算し、20万円を超える高額な査定金額を受け取った人は確定申告が必要になることがあります。

特に、日頃から常に仕入れと販売を継続的に行っていると、事業とみなされます。その他にも、古物商の免許も必要になるため、売り買いを繰り返している(年間20万円を超える)人は確定申告が必要です。

どのタイミングでバレるかというと、はっきりとした時期は決まっていません。しかし買取店には警察がさまざまな案件で調査しに訪れることもあるため、確定申告前後の時期に限らず、ある日突然といったこともあるでしょう。

生活動産と事業の線引き

null

生活動産であれば確定申告は不要である

買取してもらう予定であるゲームが、「生活動産」であれば、年間20万円以上の買取金額を超える場合でも確定申告は不要です。生活動産とは、自分が遊ぶために購入し、使用していたもののことを指します。「生活に必要なものを売る」というところがポイント。

購入当初は売る予定がまったくなかったものや、かなり使い込んでいる古いもの等は生活動産とみなされ、確定申告の必要は一切ありません。買取ってもらっている商品が、あまり規則的でない商品であれば、特に生活動産として認められやすい傾向もあります。

仕入れと販売を継続的に行うと事業になる

いくらで売れると把握し、商品をわざわざ買い入れて転売を継続的に行うと「事業(せどり)」とみなされます。線引きはここにあるのです。売り買いを目的とした取引の場合は、確定申告が必要になります。

明らかに同じ商品の売り買いや、新品の商品を何度も買取ってもらう状況が続くと、事業になり確定申告が必要になります。

自分のことを税務署は知っているのか?

null

これだけ多くの人口がいる中で、自分のことを税務署はどこまで知っているのかというと、線引きも難しいところがあります。特に、「自分が遊ぶために購入したのかどうか」ということをはっきりさせるためには、自分ではっきりと説明できる環境をつくっておくことが大切です。

購入したゲームが遊び目的であることを伝える方法

null

いざという時に自分で証明するという方法

偽りなく、本当に遊ぶために購入したゲームを買取してもらう流れができており、もしかしたら年間20万円は超えるかもしれないと感じたら、今後は対策を取っておきましょう。いつどこで買取してもらったかということをスケジュールノートのようにして、細かくつけておくことです。買取してもらったアイテムは写真に撮っておくのもいいでしょう。

細かく記帳していると、それこそ事業とみなされるのではないかと考えてしまいがちですが、年間にあまりにも中古品を買取してもらう取引があるというのであれば、自分で証明するしかありません。

稀に、調査が入った時に買取店に何を買取してもらったかと過去の買取商品をチェックすることがあります。1アイテムずつJANコードがレシートに表示される買取店はある程度把握可能ですが、JANコードが表示されずに「ゲームソフト10点」などといった表記がある買取店であれば、自分で証明する環境をつくっておくしかないのです。

どの買取店でいつ頃、何のゲームを買取してもらったかということを明確に伝えられなければ、どうしても怪しいと感じてしまうものなので、はっきりと言い切れるようにしておきましょう。

非課税ラインに抑えておくこと

確定申告で何がこわいかというと、やはり課税ですよね。購入したゲームが遊び目的であることを伝えるためにも、買取金額を非課税である20万以内に抑えておくと、調査は入りにくくなるでしょう。

あくまで不用品を引き取ってもらうという一部であるので、お金目的で20万円を超える買取をする必要はないというところから話は進んでいます。脱税行為に繋がる話であれば、今後どうするかを考え直しましょう。

確定申告が必要であるかどうかわからない場合

null

計算しても微妙なラインであったり、確定申告が必要かどうかもわからずにまだモヤモヤしている。今働いている仕事にも影響するような買取となるのであれば、最終的に税理士に相談するという手があります。

最近では電話やネットから聞ける環境も整っているため、少し話しておいただけで気が楽になる回答をもらえることもあります。自分で判断が難しい時は相談を。確定申告時期の前や、時期にもなると問い合わせ先は混雑します。気になることがあれば、早めに問い合わせて、不明点は解消しておきましょう。

遊び目的か事業かはっきりさせておきましょう!

null

自分用に購入したものか、転売目的で購入したものかをはっきりさせておきましょう。今はっきりさせておくだけで、悩んでいた時間がもったいなかったことに後々気づくこともあるかと思います。今回ご紹介した例はあくまでよくある例です。まだまだ特殊な例は数多く存在するので、本当に困っているというのであれば、税理士に相談することも視野に入れましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。