ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ミシェル・ブランチ、14年ぶりのフル・アルバムを発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ミシェル・ブランチ、14年ぶりのフル・アルバムを発売

 2000年代女性シンガー・ソングライター・ムーヴメントの立役者、ミシェル・ブランチ14年ぶりのフル・アルバム『ホープレス・ロマンティック』が完成。4月7日に発売されることが発表となった。

 ミシェル・ブランチは17歳にしてそのソングライティング・センス、歌唱力が評価され、マドンナが主催したマーヴェリック・レコードと契約。その後の快進撃はすさまじく、デビュー・シングル『エヴリウェア』が世界中で話題を呼び、1stアルバム『スピリット・ルーム』は全米で400万枚を超える大ヒットを記録。2ndアルバム『ホテル・ペイパー』も全米アルバム・チャート2位を記録し、2003年にサンタナとコラボレートした曲「ザ・ゲイム・オブ・ラヴ」ではグラミー賞のベスト・コラボレーション・ウィズ・ヴォーカル部門を受賞し一躍ポップ・シーンのトップに上り詰めた。

 しかし、2004年に結婚をすると、家族との時間を優先するためナッシュヴィルへ移住し出産。カントリー・ポップ・バンド、ザ・レッカーズでの活動や、ライブ、2010年のデジタルEPのリリースはあるものの、目立った活動は行われていなかったが、2015年ビルボードライブ東京での来日公演では、色褪せないエネルギッシュな歌声を披露しファンを喜ばせていた。そして2017年、14年という時を経ていよいよ自身名義のフル・アルバム『ホープレス・ロマンティック』が完成した。

 今作は、グラミー賞7度受賞の人気バンド、ザ・ブラック・キーズのメンバーであるパトリック・カーニーと、BECKやノラ・ジョーンズの諸作に関与してきたプロデューサー、ガス・セイファートを迎えて制作。母となったミシェル・ブランチが愛の終わりと、新たな出会いを紡ぐ、切ないラブ・ソング集となる予定だ。
◎リリース情報
アルバム『ホープレス・ロマンティック』
UCCV-1161/2,500円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

ミシェル・ブランチ グラミー受賞の早熟のカリスマが来日公演決定
ミシェル・ブランチ、11年連れ添った夫と離婚の申し入れ
マーク・パドモア、ティル・フェルナーと「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」2月に日本ツアー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。