ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Sony、DRAM搭載のスマートフォン用積層型イメージセンサーを発表、スーパースローモーション撮影が可能に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソニーとソニーセミコンダクタは 2 月 7 日、従来の積層型 CMOS イメージセンサーを強化し、さらに、DRAM を追加したことで画像データの高速な読み出しを可能にしたスマートフォン用の新型 CMOS イメージセンサーを発表しました。従来の積層型 CMOS イメージセンサーは撮像素子と信号処理回路を積み重ねた構造でしたが、新開発のイメージセンサーにはデジタル処理した画像データを一旦保存する DRAM を追加し、信号処理回路の性能も 2 倍に強化したことで、高速なデータ読み出しを可能にしています。これにより、1,930 万画素の静止画を従来比 4 倍の 120 分の 1 で読み出すことが可能になり、動きのある被写体のブレを軽減するほか、フル HD @ 1,000fps で再生するスーパースローモーション動画の撮影も可能になりました。 イメージセンサーの画素数は 2,120 万画素(1.22μm)となっており、4K @ 60fps での撮影も可能になっています。まずは、次世代 Xperia に搭載される可能性が高そうです。Source : Sony

■関連記事
KDDIとクリプトン、バーチャル初音ミクが施設をガイドするTangoを利用した案内サービスの実証実験を北海道で実施
NTTドコモ、「AQUOS EVER SH-02J」と「MONO MO-01J」のソフトウェアアップデートを開始
シャープ、エモパー公式サイトをリニューアル、エモパーラジオ第二弾を実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。