体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

単なる“カフェめし”と思うなよ! これがヘルシージャンク系「ICARICE VENDOR」のイカライスだ!【沖縄】

f:id:mesitsu_lc:20161128203851j:plain

ときにはカフェで、しゃれたメシを食べてみたい。

でも……。

意外と“カフェめし”ってハードルが高い。

それに、あんまり腹いっぱいにならないイメージ。

って「いつもと違うしゃれたメシを食べる自分」を諦めている皆様。

諦めてしまうのはまだ早い!

オシャレカフェが数多くある全国屈指の観光地・沖縄

「気軽にカフェめしできて」

「オナカも満たされる」

「ついでに話のネタにもなる」

なんとも“ちょうどイイ感じのお店”があるんです。

それが「イカライス」が食べられるカフェ「ICARICE VENDOR(イカライスベンダー)」です!

「ICARICE VENDOR」は“ちょうどイイ感じ”のお店

f:id:mesitsu_lc:20161128212832j:plain

「イカライスって何? イカ飯のこと?」という疑問にお答えする前に。

「ICARICE VENDOR」がイカに“ちょうどイイ感じのお店”なのかをお伝えしたい。

前情報として、筆者はしゃれたカフェめしに慣れていません。

というのもオシャレな空間に行くと普段の3割増で声が裏返り、勝手にアウェー戦している気分になってしまうからです。

そんな筆者はお店に行ってまず思いました。なんて居心地がいいんだろうと。

f:id:mesitsu_lc:20161128204534j:plain

「ICARICE VENDOR」は、沖縄県浦添市にある浦添市産業振興センター「結の街」の1Fにあります。沖縄県民の皆様には結構おなじみの施設ではないでしょうか。

大きな施設の中という場所柄からか、適度な開放感と適度なオシャレ感がイイ感じです。テーブル・カウンター席があって1人でも気兼ねなく過ごせるのもうれしい。

f:id:mesitsu_lc:20161128220456j:plain

そしてオーダーは食券式! これなら声が裏返る心配もありません。

あとはフードトラックを思わせるオーダーカウンターで、スマートに食券を差し出すだけです。

そう、たとえ筆者のようなカフェめし不得手者であっても大丈夫。

カフェをデイリー使いしているオシャレ上級者のように過ごせる“居心地の良さ”がある。「ICARICE VENDOR」はそんなお店です。

沖縄の新名物!? 「イカライス」ってなんだ?

f:id:mesitsu_lc:20161128231723j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。