体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんなスイスデザインを発見! 巡回中の「SWISS DESIGN KIOSK」をフォトレポート

swiss-design-kiosk_report_01

「日用品としてのスイスデザイン」を紹介する期間限定のポップアップストア「SWISS DESIGN KIOSK(スイスデザインキオスク)」が、2016年11月4日(金)から14日(月)まで行われた東京開催を皮切りに、2017年春まで全国を巡回中です。

限定品も! 日用品としてのスイスデザインが集結「スイスデザインキオスク」開催

スイスデザインというと、腕時計やオフィスチェアなどのラグジュアリーなイメージがありますが、本イベントではデイリーユースできるアイテムにフォーカス。九州ほどの小さな国土にもかかわらず4種類の公用語があるスイスで、自身のアイデンティティーを確立しようと自然に育まれた、顔があるモノの物語を伝えるプロジェクトです。

展示販売されるアイテムは開催地ごとに変わっていくそうですが、秋のデザインウィーク中に開催された東京開催の会場に潜入取材を行いました。その様子を写真多めでレポートします!

swiss-design-kiosk_report_02 会場は、スイスデザイン賞の部門賞を2度受賞したデザイナー・COLIN SCHÄLLI(コリン・シェーリー)がデザインし、埼玉の特注木工家具製作会社・ヒノキ工芸が部材提案し、製作した什器で形作られています。 swiss-design-kiosk_report_03 この什器自体も注文可。キャスターが付いているため移動が容易で、L字型にレイアウトすることもできます。スイスのマツの一種・アルフェン ホルツが使用されていて、内側の節がない面は、日本産のヒバで仕上げてあります。

会場に並ぶアイテムは、スイス人デザイナーが手がけたものやスイスを代表するブランドなどのプロダクト。そのほとんどが購入可能。日本初紹介のもの、ヴィンテージ、デットストックのものもあり、これまで知らなかった新たなスイスデザインの一面を見ることができます。

swiss-design-kiosk_report_04 m-cro(マイクロスクーター・ジャパン)社のキックボードはデザイン性に優れているのはもちろん高品質でコンパクト。子どもから大人まで世界中で愛用されています。今年発売されたばかりの「ミニ・トゥー・ゴー・デラックス・プラス」や「ミニ・マイクロ・デラックス」(左)、「ペダルフロー」(中)、「トライク」(右)を展示。 swiss-design-kiosk_report_05 木製玩具メーカー・NAEF(ネフ)は、定番から新しいモデルのほか、貴重なヴィンテージモデルも販売されています。スイスの彫刻家ANTONIO VITALI(アントニオ・ヴィターリ)が1970年初頭にデザインした動物パズルも復刻されて、販売されています。
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会