体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DJ HASEBE“渋谷系”な新ミックス・アルバム

DJ HASEBE“渋谷系”な新ミックス・アルバム
J-WAVEで放送中の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。2月6日(月)のオンエアでは、DJ HASEBEさんをゲストにお迎えしました。

「Butter Smooth – Tokyo 90’s Groove -」を2月22日(水)にリリースするDJ HASEBEさん。このアルバムは90年代のJ-POPをミックスした内容。DJ HASEBEさんいわく「もう1回巡ってきてる感じ」の、渋谷系を詰め込んだそうで、ご自身が高校を卒業した頃に流行っていたものの、DJとしては掛けていなかった楽曲なのだとか。最近、出演するフェスの最後の方にそのような曲を掛けると、盛り上がったり良い雰囲気になったりするとのことで「自分で1枚形にして、さらに自分で楽曲も作れたらいいかな」という思いからこのアルバムを作ったそうです。

また、DJ HASEBEさんは、90年代の楽曲は普遍的だとも感じていたなか、オリンピックの閉会式で椎名林檎さんがピチカート・ファイヴをカバー。「そういうタイミングなのかな」と思い、今、手掛けることにしたとのこと。「自分が90年代のアーティストだったら」というテーマで作ったそうです。「ここまでの楽曲を揃えられたんで、自分もそんなバーチャルな気持ちで…当時もしサウンド作れてアーティストとして活動してたら『こんな感じのサウンド作れたんじゃないかな』という気持ちはありました」とDJ HASEBEさん。

そしてこのアルバム、ミックスCDですが、1曲目はなんと新曲! ピチカート・ファイヴの野宮真貴さんを迎えた「晴れた午後は代官山で」というタイトル。「渋谷系なのに1曲目が代官山(笑)?」というサッシャの問いかけに、「プライベートでもよく行く街で、思い入れも昔からあって…(笑)。街をテーマにして1曲作れないかなと」と答えるDJ HASEBEさん。「東京は夜の7時」を歌われていて、「渋谷で5時」もカバーしていた野宮さんに“待ち合わせソング”なイメージがあり、「そんな曲が作れたら」という思いからこの曲を作ることにしたそうです。「久しぶりに会った2人が…」という設定で「当時意識し合ってたけど…」と展開していくそうです。

盛りだくさんな内容になっているこのアルバム、ぜひ手に取ってみてください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BEAT PLANET」
放送日時:月・火・水・木 11時30分−14時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。