ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『ボス レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンドNo.1 オリエンテ/No.2 アカテナンゴ』隔月で一年にわたって続々登場する限定ブレンド、最初の2品を飲んだ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

サントリーの「BOSS」ブランドの中で、グアテマラ全国コーヒー協会推奨7エリアから厳選して認証を与えた高級豆「レインボーマウンテン豆」を使用して展開している「レインボーマウンテンブレンド」。それが2月から1年にわたり、続々味を変えて発売していくという。その第1弾がこの『ボス レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンドNo.1 オリエンテ/No.2 アカテナンゴ』である。

喫茶店でついつい本日のコーヒーを頼んでしまう人向きの変化球!

コーヒー好きにもいろいろな人がいて、お気に入りの喫茶店/カフェで同じコーヒーを頼み続ける人もいれば、日替わり、週替わりなどのコーヒーを頼んで楽しむ人もいる。記者も結構変化球好きなので、ついついそちらを頼んでしまうのだが、そうした需要に合わせるかのように投入されるのがこの「ボス レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンドシリーズ」だ。面白い。


そしてその第1弾は一気に2品登場。サントリー『ボス レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンドNo.1 オリエンテ/No.2 アカテナンゴ』(185g・希望小売価格 税抜115円・2017年2月7日発売※コンビニ限定)は、No.1 オリエンテが深いコクと苦味が特徴で、No.2 アカテナンゴが香ばしく余韻のある香りが特徴なんだとか。

 

とりあえずそうしたバリエーションがあるのは、コーヒー好きならワクワクしてしまうもの。それでは個別に味わってみよう。

 

苦味系か酸味系か、どちらを選ぶかはその日の気分次第!

■ボス レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンドNo.1 オリエンテ


深いコクと苦味ということで、相当苦いのかと覚悟していたら、結構苦い。濃いコーヒーの味わいがして苦味も走るのだが、原材料名トップになっている牛乳が全体をマイルドに包み込むので飲みやすさは確保。


ミルク感たっぷりでゴクゴクと苦味と甘みを同時に感じながら飲み干したくなる、まさに缶コーヒーの王道ともいうべき味わい。ホットの方が苦味を強く感じるが、冷やすとミルキーさが前面に出てまた違った印象に。第1弾を飾るにふさわしい味わいか。

 

■ボス レインボーマウンテンブレンド 今月のブレンドNo.2 アカテナンゴ


これは何ともフルーティーな味わいで、似たようなデザインの缶なのに、キャラクターが全然違うことにびっくり。美味しいコーヒーというものは、苦味と酸味のバランスが程よくて、コーヒー感と同時に美味しい水のような味わいがするものだが、その意味で美味しい。


舌から喉へとスルスルと降りていく滑らかな飲み心地はバランスの良さが生み出しているブレンドマジック。香ばしさもたまらない。苦いのが苦手ならこっち。コーヒーは酸味がキーだよね、と語りたい人ならこっちだ。記者はこっちの個性が気に入った。


次回No.3は4月のリリースになるという。発売時期の天候に合わせて味の調整を図るというから面白い。ほんと、よくよく見ないと缶デザインがほとんど同じなので注意して購入したい。

 

関連記事リンク(外部サイト)

『ダイドーブレンド うまみブレンド』珈琲豆の果肉の味わいを盛り込む新手法で缶コーヒーを進化させた!
『プレミアムボス リミテッド』シャンパン酵母で発酵させたコーヒーチェリーが醸し出すしびれるようなうまさ!
『ルーツ アロマブラック』JTの飲料事業撤退で姿を消した缶コーヒーの名門ブランドがファン待望の復活!
缶コーヒー『ファイア』17年ぶりフルリニューアル・新旧バージョン飲み比べにキリンに行ってきた!
キリン「ファイア」の”焼き”への挑戦第2弾『ファイア シャープネスブレンド/シャープネスブラック』は「冷水重ね焼き」!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。