ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

オカルト界に存続の危機?ネタのマンネリ化、深刻な人材不足が問題に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
オカルト界に存続の危機?ネタのマンネリ化、深刻な人材不足が問題に

 超常現象、超能力、未確認生命体、終末予言などなど。世間を度々にぎわすオカルト界自体に、なんと危機が訪れようとしているそうです。このまま行けば終末予言があたる前に、先に滅亡する可能性すらも……。

【関連:これからは幽霊も「オカルトハラスメント」に気をつける時代?】

 そこで、CS放送ファミリー劇場にて2月11日に放送される、オカルトバラエティ『緊急検証!』シリーズ第17弾では、オカルト界の識者達が集結し今そこにある危機が語られます。タイトルは『緊急検証!終わりなき超常新年会2017~今そこにあるオカルトの危機~』。

 番組では3つのポイントをピックアップ。ポイント1ではオカルト以上の衝撃が続く現実を前に「オカルトネタのマンネリ化問題」について語り、ポイント2ではオカルト識者達が番組が用意したカードをランダムに引き、カードにまつわるオカルトネタ披露に挑戦するそうです。これはどんなカードが出ても刺激的なネタを提供しなければいけないルールとなっており、まさにオカルト界における「すべらない話」といったところ。

 そして3つめのポイントでは、オカルト界の深刻な人材不足を懸念して、新たな才能を発掘すべく、未来のオカルト界を担う期待のホープ10人を招集。そしてオンエアをかけ、オカルトプレゼンのバトルが繰り広げられます。内容は審査されオンエアされるのは上位3名のみ。いわゆるオカルト界における「恐怖オンエアバトル」といったところ。

 なお、出演者は、逸見太郎、大槻ケンヂ、辛酸なめ子、山口敏太郎、中沢健、宇田川敬介、吉田悠軌、藍上ほかを予定。そして放送時刻は、2月11日22時から23時まで。再放送は]2月17日24時20分から25時20分までが予定されています。 

(C)東北新社

関連記事リンク(外部サイト)

息をするな、殺られるぞ…!映画『ドント・ブリーズ』吹替版に梶裕貴さんら
俳優・加藤和樹が子供達のリクエストで鬼に…節分での微笑ましい一コマ
「拝むしかない」──。映画『帝一の國』ふんどし太鼓にファン沸き立つ

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。