ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ガンズ・アンド・ローゼズ、再結成ツアーの2016年総収益が約216億円に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ガンズ・アンド・ローゼズ、再結成ツアーの2016年総収益が約216億円に

 ガンズ・アンド・ローゼズの【Not in This Lifetime】再結成ツアーの2016年の総収益が1億9,200万ドル(約216億円)になったことが、米ビルボード・ツアー・チャート“Boxscore”の集計で明らかになった。

 1993年以来初めてアクセル・ローズとスラッシュとダフ・マッケイガンが集結し、2016年4月に開幕したこの再結成ツアーは、2017年も続いている。BABYMETALがオープニング・アクトを務めたことも話題になった1月21日の大阪公演を皮切りにアジア・オセアニア14都市を回り、5月末からはヨーロッパ18都市、そして7月から9月8日の最終日まで北米で16公演を予定している。

 現時点で最も収入が多かった会場は2016年7月23日と24日に公演が行われたニューヨークのメットライフ・スタジアムで1,160万ドル(約13億円)、次が11月4日と5日のアルゼンチン、ブエノス・アイレスのエスタディオ・モヌメンタル・アントニオ・ベスプチオ・リベルティ・スタジアムで1,100万ドル(約12億円)だった。11月11日と12日に行われたブラジル、サンパウロのアリアンツ・パルケ・スタジアム公演も1,000万ドル(約11億円)を超えた。

 ガンズの2016年世界ツアー総収益を押し上げる結果となった南米ツアーのプロモーターは、最新の“Hot Tours”ランキングでガンズに次いで2位に入っているエアロスミスの南米ツアーもプロデュースしている。エアロスミスの【ロックン・ロール・ランブル・ツアー】は、2016年9月29日にコロンビアのボゴタを皮切りに南米8都市を回った。収入が最も多かったのは10月8日のブエノス・アイレス公演で290万ドル(約3.2億円)を記録し、南米ツアー全体の興行収入は1,700万ドル(約19億円)だった。

 エアロスミスは“フェアウェル・ツアー”と銘打った【Aero-Vederici Baby!】ツアーを2017年5月17日にイスラエルのテルアビブから開始する予定。ツアー・タイトルの“Aero-Vederici”は、“また会いましょう”、“さよなら”を意味するイタリア語の“Arrivederci”とエアロスミスをかけた造語だ。

関連記事リンク(外部サイト)

『2月6日はなんの日?』奇跡のリユニオン・ツアーを続けるガンズ・アンド・ローゼズ、アクセル・ローズの誕生日
ガンズ・アンド・ローゼズ、奇跡の来日ついに折り返し「横浜はまさにパラダイスシティだー!」
ガンズ・アンド・ローゼズ、奇跡の来日ステージ初日レポート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。