ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『ポイフル(Poifull)』バレンタイン向けの”ハートのポイフル”も楽しいカラフルロングセラー・グミ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

一つ食べるとキリがなくなる中毒性の高いお菓子として人気の『ポイフル(Poifull)』。今年は「恋が叶うLUCKY動画」をバレンタインまで公開し、動画のある部分をスクリーンショットすると恋が叶うんだとか。それでは必ず入っているハート形を食べながら探してみよう!?

ゼリービーンズの味わいを日本で気軽に食べやすく!

バレンタインデーに向けて登場した限定パッケージが楽しい、株式会社明治『ポイフル(Poifull)』(53g・実勢価格 税込約100円・2017年1月10日発売)。レアなハート型ポイフルが今だけ絶対入っている、数量限定ブルーとピンクのペアパッケージ商品だ。2つ並べることによって、9通りの組み合わせの表情を作ることができる。


バレンタインに向けて公開されたラッキー動画は、キャラクターボイスを若本規夫が務めるハートのポイフルさんが登場。動画のある部分をスクリーンショットすることによって、恋が叶う動画が見られるという趣向。

何はともあれ、この『ポイフル(Poifull)』は何だかんだで息の長いヒット商品。1993年に登場以来、その中毒性の高さから、定番菓子として君臨し続けている。2014年からは女子のなりたい顔No.1の歌手で、月9女優の西内まりやがイメージキャラクター。


ただこれ、グミと表現すると、ちょっと首を傾げてしまう人もいるだろう。確かにゼラチンで弾力のある中身はグミなのだが、ドイツ発の「ハリボー」や、日本の元祖グミ菓子「コーラアップ」を皮切りに「果汁グミ」など、一般的にグミとして認知されているのは、ソフトグミともいうべき、表面も弾力層なのが特徴。


ところが『ポイフル(Poifull)』は表面に糖衣コーティングがされているので、表面はカリッとしていて中は弾力という特徴がある。

この食感は、昭和の時代からアメリカンなお菓子として人気のあったゼリービーンズ(ジェリービーンズ)の直系。大きさは小さいが、その味わい、食感はゼリービーンズそのものである。

 

いろいろなハートの表情を組み合わせながら、次から次へと食べすぎてしまおう!


基本は甘酸っぱさが特徴。カラフルなカラーリングで、どれを食べても味に大きな差はないのだが、色を選ぶ楽しさはまた格別。ブルーの箱は、コーラ、レモンスカッシュ、サイダー、ホワイトソーダの4種類のドリンクミックスで、ピンクの箱はラズベリー、青リンゴ、レモン、グレープのフルーツセット。


糖衣を噛むことによってざらっとした感触となり、その本体の弾力と相まって楽しい美味しさが生まれる。これがキリがなくなる秘密。アメリカンなタイプのどぎついカラーリングでもないので、安心感も大きい。


こうしたバレンタイン・イベントなどをきっかけに、再びこの美味しさに目覚め直す人も多いと思う。グミではなかなか味わうことのできない糖衣の美味しさ・食感。再認識するためにも再び口にしてみては? ただくれぐれも勢いよく食べすぎて、ハートのポイフルを見逃さないようにしたい。

関連記事リンク(外部サイト)

異次元新食感で話題沸騰『角切り菓実<パイナップル>/<マンゴー>』を食べてみた!!
『バナップルグミ』キュートなミニミニバナナがりんご風味でおもちゃのように楽しいうまさ!
『オランジーナグミ』果皮を含めた複雑な味わいで人気のフランス発炭酸を忠実に再現!
『海のいきものグミ』シャリシャリ食感のグミを自分で作れる知育菓子! 大人も夢中になって遊ぼう
【バレンタイン2017】シニアにあげるなら、こんなチョコ。キーワードは”健康”!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。