ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハンバーグをかつおだしの醤油スープで味わう「しるバーグ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2月3日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、東京都北区西ヶ原を散策した中で、高田純次さんが「榎本ハンバーグ研究所」(東京都北区)を訪れた。

東京メトロ南北線・西ヶ原駅から徒歩1分ほどにある同店は、ハンバーグのレシピを研究しているお店だそうで、「3種の焦がしチーズハンバーグ」や「デミグラスビーフシチューの煮込みハンバーグ」など様々なハンバーグが味わえるハンバーグ専門店。今回、高田さんが頂く「初代しるばーぐ」は、店主がつけ麺を食べていた時にヒントを得て誕生したメニューだそうで、ごはん・ハンバーグなどの具材を、かつおだしの醤油スープで味わう一品。

高田さんがまず「初代しるばーぐ」のハンバーグをそのまま頂くと「肉々しい感じ。」と一言。続いて、スープの中に具材を全て投入し頂くと「あら!予想外だね。いや~こんなの食べられないと思ってたけど」と驚いた様子。「これはちょっと癖になるかもね。」とコメントしていた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:榎本ハンバーグ研究所 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:王子のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:王子×洋食・西洋料理のお店一覧
土浦のご当地カレー「ツェッペリンカレー」
明治時代から続く老舗の蕎麦

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。