ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『I‘LG-b(イルジイ・ビィ)』シリーズ/成分原料の黄色の色合いが効果の秘密!? 肌への「攻め・守り」が一度にできる!? 業界騒然のILG成分を深堀!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

一般的にスキンケア製品は白色がほとんど。商品テクスチャー自体が、成分原料の色に染まるほど高濃度に 配合されていることはほとんどないという。その理由はズバリ、「コストと安全性」。 ところが今回紹介する『I‘LG-b(イルジイ・ビィ)』シリーズの美容液とクリームは、 ILGという成分の原料を高濃度に配合しているため、原料成分そのものの黄色に近く、見た目にも珍しいスキンケアアイテムだ。この成分名が、まだ耳になれない読者も多いと思うが、ILG(アイエルジー)とは、甘草(カンゾウ)というマメ科の多年草と 呼ばれる植物の根元部分に含まれる成分とのこと。 含まれている量が微量であるため、試薬としては5mg=2万円という市場取引がされている、希少なものだそう。 漢方薬などでよく耳にする「甘草エキス」とは、その甘草の根自体を乾燥させ生薬として用いられているものだが、 ILGという成分はエキスではなく、油脂性の粉末なのだという。 今『I‘LG-b(イルジイ・ビィ)』シリーズが美容業界で驚異的な躍進をしているその開発過程を探ってみた。

 

国立大学の、老化抑制・アトピー・敏感肌対策の研究から生み出されたILG成分の開発背景

化粧品に配合するための「新成分」を製品化するのには、膨大な予算と10年以上の月日がかかるとか。 そのため、中小メーカーはもちろん、今の時代では、大手メーカーでさえも、安全性の高い新成分を配合した製品を出せないのが現実。 ではそんな中、株式会社ルディア(東京都渋谷区)の新美容成分ILGを配合した『I‘LG-b』シリーズは、なぜシーンに登場できたのだろう。

●原料となるILGの粉末。鮮やかでオレンジに近い黄色の色が特徴。

 

その秘密の1つは、国立香川大学工学部・掛川寿夫教授の「ILG配合化粧品の実用化研究」から生み出された製品であること。そして「産・官・学」連携のイノベーション研究開発として、科学技術振興機構(JST)が、ILG成分がもたらす効果・効能の科学的根拠を認め「アンチエイジング及びアトピー対策ILG配合化粧品」として、研究費助成を受けた製品であることだ。

科学技術振興機構とは、いわゆるイノベーション開発のバックアップを行う行政機関であるが、 この機関が化粧品自体に助成を行うことは、過去にもほとんど例がないとのこと。 しかしながら配合されているILGという成分が「敏感肌・アトピー対策改善」への科学的根拠のあることが、 老若男女を問わず社会貢献につながる研究として助成が認められた経緯があるという。 香川大学、掛川教授の研究への熱意はもちろん、現実としてコスト面での国家助成がなければ 『I’LG-b(イルジイ・ビィ)』の製品化はなかったのかもしれない。ましてや、大手メーカーが 新しい美容成分の開発がなかなかできない理由も納得である。

 

成分の色がはっきりわかるほどの高濃度のために必要なのは、コスト以外にも成分の安全性が鍵。安全キーワードはLD50!


聞きなれない・見慣れない”LD50″という表示は、物質の毒性を表す指標。 何らかの成分を体内に投与した場合に、投与された半数が死亡するという成分投与致死量の目安を示している。 お茶や、コーヒーに含まれるカフェインのLD50(毒性数値)は「0.2g/kg」、栄養素であるビタミンCがLD50(同)「12g/kg」と言われる。 つまりこのLD50の指標が大きいほど毒性が低い成分とのこと。

 

 

どんなに有効な成分でも、高い毒性のある成分を高濃度に含むことは危険そのもの。 安全性の意味でも、なかなか成分の色がはっきりわかるほどの濃度で製品に成分を入れることは通常できないものなのだが、 ILGのLD50指標は=「10g/Kg以上」という医薬品並みの安全性を誇る毒性の低い値であるため、高濃度配合が実現したという。 美容液・クリームの色が原料そのものの色に近い黄色であることが、安全性の高い成分であることの証明でもある。

 

黄味がかったクリームが肌にどんどん吸収されていく実感。使用後は一日中安定した肌をたもてる!

『I’LG-b』シリーズが実現するのは、潤いや弾力アップ、透明感だけじゃない。ひどいアトピー肌までも美しい肌に生まれ変わらせてしまう 強力なアンチエイジング・美肌効果だ。ではその効果を実際に使って確認してみよう。今回は乾燥のこの時期には欠かせない 美容液とクリーム2製品を試してみる。

 

■『I’LG-b コンセントレートセラム(美容液)』

(60ml・希望小売価格 税抜25,000円・発売中)


化粧水で肌を整えた後に使う、美容液。手にプッシュした感じで濃密なテクスチャーを感じるが 顔に馴染ませた瞬間スピーディーに肌へ吸収されていくのを実感する。色がついているが全く匂いもない。 化粧水で、すでに潤っていたと思っていたが、まだまだとばかりに、ぐいぐいと肌に染み込んでいくのがよくわかる。 適量は約5〜6プッシュ。乾燥や小じわの気になる部分に集中的に使用したい。 内容量も60mlで25000円と、美容液としてはコストパフォーマンスが良いのも嬉しい。

■『I’LG-b コンセントレートクリーム(クリーム)』

(30g・希望小売価格 税抜22,000円・発売中)

使用量がたとえ少量でも滑らかによく伸びるコクのあるクリーム。 さくらんぼ大で顔から首までをマッサージするようになじませていくと、乾燥していた部分は、みるみる間に吸収されていくのがわかる。

 

 

本来スキンケアクリームはフタをして肌を守るという特性が一般的だが、ILGの浸透力によりクリームそものもがしっかりと肌の奥深くに 馴染んでいくような感じを受ける。お肌の表面にクリームを乗せた感じのテクスチャーが好きな方は少し物足りなさを感じるかもしれない。 そのため、乾燥の強いこの時期には洗顔の後、最初にクリームを使用し、化粧水→美容液→再度クリームを使用するという裏ワザが、 熱狂的なI’LG-bファンの口コミには見られた。

 

肌が新しく生まれ変わる科学的アプローチ。お得なトライアルセットと、京王百貨店・新宿店のI’LG-bコーナーで体験。 


どれも高価ではあるので、気軽に試すというわけにはいかない…。ところがそんな気兼ねをせずに試せる商品がこちら。 基本3製品を3〜5日分をパッケージしたI’LG-b Petit』(化粧水4.5ml/美容液・2.8ml/クリーム3g発売中)。 本品との内容量を比較すると、何と4,000円相当の内容量が1,000円で購入可能となっている(送料無料※一人3セットまで)。

 

 

また、昨年の12/15にOPENしたばかりの「I’LG-b ブランドショップ」京王百貨店・新宿店では、ILG専門美容アドバイザーによる ILG成分の説明と、肌カウンセリングを受けることができる。新規来店の方には特別に、お試しサイズの美容液を無料でプレゼントするという 特典も用意されているという(詳細は公式サイトで) 。

 

 

「化粧品の効果実感がわからない」「色々試したが、どれも一緒だった」、「敏感肌で、自分に合うモノがない」「シミ・しわはどうしようもない」 などと諦めかけている女性は一度、エイジングケアと肌トラブルへの「攻め・守り」が同時にできるILG効果を、自分の肌でしっかり確認してみては?

関連記事リンク(外部サイト)

科学的エビデンスから生まれたエイジングケアブランドの旗艦店『I’LG-b(イルジィ・ビー) 恵比寿ガーデンプレイスタワー店』がついにオープン!
たるんでなんかいられない! 皮膚科学に基づいた話題のリフトケア商品・ドクターシーラボ『アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX』のサンプルセットが今なら無料で手に入る!
科学的に効果が証明された美容成分「ILG」を採用した話題のコスメブランド『I’LG-b』が、ついに京王百貨店・新宿店にブランドショップをオープン!
『nanoMix H』とろみがあってもOK! 手持ちの美容液が使えるハンディミストで手軽にしっとり潤い肌
『めっちゃたっぷりフルーツ青汁』1日1,500個以上売れてる青汁で、体の内側も外側もキレイを目指そう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。