ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京電力が突如として「再生可能エネルギーの取り組み」の公開を開始しました

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東京電力が突如として「再生可能エネルギーの取り組み」の公開を開始しました

(八丈島地熱発電所) 

東京電力が突如として「再生可能エネルギーの取り組み」の公開を開始しました

TEPCO八丈島地熱館

伊豆七島国立公園内にある同社初の地熱発電所「八丈島地熱発電所」など、再生可能エネルギーの取り組みを発表したものの、TEPCO八丈島地熱館は当面の間、休館とのことです。
(以下、同社のホームページより)

【再生可能エネルギーについて】
再生可能エネルギーは、太陽光や風力、水力など、環境負荷がより少ないエネルギーです。当社は、再生可能エネルギーを利用した発電設備の導入を進めるとともに、「RPS法」※(「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(Renewable Portfolio Standard)」)の義務量を達成してまいりました。
※電力小売事業者に対して、販売電力量の一定割合を法律で定められた再生可能エネルギーでまかなうよう義務付ける法律

【太陽光発電(メガソーラー)】
2011年8月、当社初の事業用の太陽光発電所(メガソーラー発電所)が神奈川県川崎市(浮島)で、2011年12月には川崎市(扇島)で運転を開始しました。さらに、2012年には山梨県甲府市(米倉山)でもメガソーラー発電所の運転開始を予定しており、その合計最大出力は3万kWとなる予定です。

【水力(小水力)発電】
当社は、計約898万kWの水力発電設備を保有しており、その活用に努めています。また、最大出力が1,000kW程度までの「小水力発電所」の建設など、現在も水力発電における新たな取り組みを進めています。

【風力発電】

近年、風力発電は技術開発が進み、機器の大型化等に伴い低コスト化が図られた結果、風況などの条件が良い場合には、経済的な発電が可能となりました。当社の八丈島風力発電所は、八丈島の良好な風況を活かした、我が国の電力会社としては初めての営業用発電所です。

【地熱発電】
八丈島にある当社初の地熱発電所「八丈島地熱発電所」。伊豆七島国立公園内にあるこの発電所は、この島の自然環境の保全と地域との共生を第一に考えて建設し、周辺環境にも十分に配慮しながら地熱のエネルギーを利用しています。

東京プレスクラブの記事一覧をみる ▶

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。