体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ありそうでなかったサンコーの『キッチンマット』は置くだけで滑らない!カットできてサイズも自由自在!!

洗える!薄い!滑らない!カットできる! そんな革命的な『キッチンマット』株式会社サンコーから発売されたという。主婦を代表して、さっそくその実力を検証させてもらいましょう!

 

120cm から240cmまで!3色×3サイズの選べる全9パターン

新発売の『キッチンマット』は、サンコーの人気ブランド「おくだけ吸着」シリーズ。60×120cm、60×180cm、60×240cmの3サイズ展開(いずれも1枚入り)で、それぞれベージュ、ブラウン、グリーンの3色がある。

メーカーこだわりの日本製で、表面はポリエステル100%、滑り止め効果のある裏面はカテキン入りのアクリル樹脂でできている。カテキンってあのお茶の??と思ったが、これが消臭につながるようだ。

 

丸めた状態でパッケージされている『キッチンマット』を取り出し、さっそく検証スタート!

 

自分だけのオリジナルキッチンマットがはさみで簡単に作れちゃう!

まずはキッチンのサイズに合わせて『キッチンマット』をセット。良きサイズが決まったら、はさみでチョキチョキとカットすれば自分だけのオリジナルキッチンマットが完成である。

通常の布タイプのマットはもちろん、タイルマットのように組み合わせるタイプのものでも、ここまで理想の形に仕上げられるキッチンマットはなかったはず。自分の好きなようにカットして家電の配置に合わせるもよし。色を組み合わせてアレンジを楽しむこともできる。

マットを切るなんて、さぞかし力のいる作業なんだろうと構えていたが、実際『キッチンマット』は裁縫をするようにはさみで楽にカットできた。理由はその厚み。たしかに「薄いな…」とは思っていたが、計ってみたらなんと3mm。どうりで簡単に切れるわけだ。

 

マットが切れるということは、キッチンの微妙な凹凸に合わせて調節することが可能。床下収納のサイズに合わせカットすれば、マットを外すことなくそのままフタを開けることもできるのだ。これは便利! 当然ながら、サイズが収まる場合はカットせずにそのまま使っても構わない。

 

滑らないと評判のキッチンマット、その実力とは…?

さて検証に戻る。カットが済んだら、今度は裏面の透明フィルムを剥がす。裏面は特殊な技術で滑り止め加工がされている。触ってみると吸い付くような感覚はあるが、ベタベタという感じはない。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。