体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

谷山浩子、全50曲を収録したキャリア初のシングルコレクション発売決定

谷山浩子が2月4日に渋谷区文化総合センターで開催したライブ「谷山浩子ひとりでオールリクエスト180分」にて、デビュー45周年を記念した初のシングルコレクション『HIROKO TANIYAMA 45th シングルコレクション』をリリースすることを発表した。
谷山浩子 (okmusic UP's)
2016年2月に大好評を博した180分間たっぷりのオールリクエスト企画第二弾とあって、チケットは完売。会場には多くのファンが詰めかけた。

ライブでは「カイの迷宮」のリクエストを皮きりに、「お早ようございますの帽子屋さん」「風を追いかけて」「DESERT MOON」、本編最後は「ヤマハ発動機社歌」の大合唱となった。

そして、アンコールで再度ステージに上がった谷山からのサプライズ発表に、ファンからはその日一番の大きな歓声が上がった。谷山は初のシングルコレクションについて、『シングルはもういいよね。と思っていたらシングルコレクションが発売になります! 3枚組でものすごくお得です! 一曲あたりいくら? 皆さん後で計算して下さい。』と嬉しそうに語った。アンコールでは、「ねこの森には帰れない」、最後は自ら選曲した「窓」を歌唱し、本編と合わせて全28曲を披露した。

2017年4月25日にデビュー45周年を迎える彼女のデビューシングル「銀河系はやっぱりまわってる」から、2012年に発売したNHKラジオ深夜便のテーマ曲「同じ月を見ている」まで、45年間で発売した23枚のシングルと24曲のカップリング、そしてボーナストラックとして3曲のカラオケを追加した全50曲を3枚のCDに収録した記念盤。

本作品に収録されるシングルは、第7回『ポプコンつま恋本選会』で入賞を獲得した「お早ようございますの帽子屋さん」、『オールナイト・ニッポン』のテーマ曲としてラジオリスナーを虜にした「てんぷら☆さんらいず」、エーザイ 緑の胃薬新サクロンCMソングの「風になれ-みどりのために-」、NHK『ラジオ深夜便』で「深夜便のうた」としてオンエアされた「同じ月を見ている」など、TV、ラジオ、CM等で流れていた人気曲はもちろん、斉藤由貴へ楽曲提供セルフカバー曲「MAY」、そして「河のほとりに」「窓」「カントリーガール」「海の時間」などファンに人気の代表曲まで、谷山浩子の変わることのない一貫した魅力を楽しめる曲が満載。

また、全50曲の中には、7インチレコードやカセットテープのみ発売されていた貴重な楽曲「ごめんね」「ゲームの終わり」「ミスティーナイト」を初めてCD化。その貴重なレア音源を含めた全50曲を高音質CD(Blu-spec CD2)に収めることで、普通のCDプレーヤーで気軽に高音質な再生を楽しめる作品となる。

さらに、封入のブックレットには谷山浩子本人による45年を振り返ったインタビューや楽曲解説を掲載。なお、本作の先着購入特典も決定。CDと一緒にこちらの特典も楽しんでみてはいかがだろうか。

4月29日(土・祝)にはデビュー45周年を記念したコンサート『谷山浩子コンサート~デビュー45周年大収穫祭~』を開催。アニバーサリーイヤーも精力的に活動する谷山浩子に乞うご期待!

アルバム『HIROKO TANIYAMA 45th シングルコレクション』
2017年4月26日(水)

【Blu-spec CD2(3枚組み)】

YCCW-10302~4/¥3,500+税

<収録曲>

01. 銀河系はやっぱりまわってる

02. 天使のつぶやき

03. お早ようございますの帽子屋さん

04. 夕暮れの街角で

05. 河のほとりに

06. 風を忘れて

07. 窓

08. ゲームの終わり(初CD化)

09. 忘れられた部屋で

10. 星のマリオネット

11. あやつり人形

12. 六月の花嫁

13. 風を追いかけて

14. 風の子供

15. カントリーガール

16. ミスティーナイト(初CD化)

17. 夕暮れの街角で

18. 今日は雨降り

19. ごめんね(初CD化)

20. あの子の愛した三毛猫

21. てんぷら☆さんらいず

22. おやすみ

23. サーカス

24. 地上の星座

25. たんぽぽ

26. ほうき星の歌

27. 風になれ-みどりのために-

28. なおちゃん

29. ラ・ラ・ルウ

30. O YA SU MI

31. DESERT MOON

32. 銀河通信

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。