ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MIYAVI、新曲が木村拓哉主演・三池崇史監督の映画『無限の住人』主題歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MIYAVI、新曲が木村拓哉主演・三池崇史監督の映画『無限の住人』主題歌に決定

本年デビュー15周年を迎えるMIYAVIの新曲「Live to Die Another Day – 存在証明 -」が、4月29日より公開となる、主演・木村拓哉、監督・三池崇史による“ぶった斬り”エンターテインメント映画『無限の住人』の主題歌に決定した。

また、4月5日にはMIYAVIのデビュー15周年を飾る集大成ベストアルバム「ALL TIME BEST“DAY 2”」が発売される。過去のシングル楽曲から新たに録音した楽曲、新曲となる映画「無限の住人」主題歌「Live to Die Another Day -存在証明-」が収録される。初回盤特典として昨年行われた「MIYAVI Japan Tour 2016“NEW BEAT, NEW FUTURE”Tour Final」の映像も収録される。

今月、韓国・香港・台湾とアジアでライブを行うMIYAVI。その後、アメリカ、ヨーロッパを周る、ワールドツアー「MIYAVI World Tour 2017 “Fire Bird”」開催する。

MIYAVIコメント
(映画『無限の住人』主題歌を担当したことについて)
三池監督からは「作品の世界観と、お客さんが映画の扉を開けて元の現実に戻っていく、その架け橋であって欲しい。ただ、作品に寄り添い過ぎなくても良い。そこはMIYAVIさんの解釈で作ってもらえば良い」と言われました。三池監督は今の日本の中で、無様にもがき、闘い続ける万次の姿を通して「お前は本気で生きているのか?」ということを伝えたかったんだと思うんです。熱くなろうぜ、熱くなっていいじゃないか!ともがき続ける、万次の生き方を、僕はどう音で表せるか。時に激しく、時に切なく。根幹にある万次の強さと凛とした部分を、この楽曲で表現できれば良いなと思いました。たぶん、万次の姿と木村さんを重ね合わせる人もたくさんいると思います。今後、木村さんは、一人のシンガー、エンターテイナー、アーティスト、そして男として、ここからどう戦っていくのか。僕は一アーティスト、一パフォーマー、個人としての木村拓哉という人を知って惹かれたし、もっと観たいなと思ったんです。僕らアーティストはワクワクさせてなんぼだと思いますし、ここまで人をワクワクさせてくれる木村さんには、日本の顔として、凛として存在していて欲しい。やはり「無限の住人」は、彼の人生の新たなる岐路というか、出発点なんだろうなと思います。そういう意味で僕も音楽家としてこの作品に関わることができて光栄に思っていますし、刀の代わりにギターで、ともに戦わせてもらったという感覚です。

(ベストアルバム発売について)
17で上京し、ただひたすら我武者羅にギターを弾いてきました。まだまだ道半ば、振り返ってる暇さえないですが、こうして一つの楔として本作品を発表できる事を嬉しく思うと同時に、何より応援し続けてくれるファンの皆の事を誇りに思います。皆にとっても誇りに思えるアーティストでいられるように、これからも変わらず、日々精進し続けます。さあ、DAY3が始まります。

映画『無限の住人』本予告【HD】

リリース情報
アルバム「ALL TIME BEST “DAY 2”」
2017年4月5日(水)発売
初回限定盤(2CD+DVD)TYCT-69114 7,800円+税
通常盤(CD)TYCT-60097 2,500円+税

映画情報
映画『無限の住人』
出演:木村拓哉
 杉咲花 福士蒼汰
 市原隼人 戸田恵梨香 北村一輝
 栗山千明 満島真之介 金子賢 山本陽子
 市川海老蔵 田中泯 / 山﨑努
原作:沙村広明( 講談社「アフタヌーン」所載 )
監督:三池崇史
脚本:大石哲也 音楽:遠藤浩二
主題歌:MIYAVI「Live to Die Another Day -存在証明-」(UNIVERSAL MUSIC)
製作:「無限の住人」製作委員会
制作プロダクション:OLM
制作協力:楽映舎 東映京都撮影所
配給:ワーナー・ブラザース映画
2017年4月29日(土・祝)全国ロードショー
公式サイト:www.mugen-movie.jp
公式Twitter:@mugenmovie #無限の住人
©沙村広明/講談社 ©2017 映画「無限の住人」製作委員会

関連リンク

MIYAVI オフィシャルサイトhttp://myv382tokyo.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。