ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Aqua Timez、「アスナロウTOUR 2017」スタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Aqua Timez、「アスナロウTOUR 2017」スタート

Aqua Timezが最新アルバム「アスナロウ」を引っ提げての全国ツアー「アスナロウTOUR 2017」を2月4日埼玉県・狭山市民会館からスタートした。

客電がおちて会場がざわめき立つなか、オープニングSEが始まり、アルバムタイトル曲「アスナロウ」でスタートした今回のライブ。MCでボーカル・太志が「ツアー初日はやっぱり緊張するよ」と言いながらも、ソールドアウトで満席となった会場は1曲目から大歓声で盛り上がっていた。

ライブは最新アルバム「アスナロウ」の楽曲を中心に、新旧ヒット曲も入りバラエティに富んだアンコール含め全20曲。

ライブのエンディングには太志から「ここで告知があるんだけど、2017年4月29日、Aqua Timezが僕の地元の岐阜市とやってる『まだ、はじまったばかりプロジェクト』の第一弾イベントとして岐阜市民会館でのワンマンをやります。これをデカくしていきたい、いつかはフェスにしたい。そして故郷を思ったライブにしようと思ってます」と太志の故郷・岐阜に対する熱い思いでツアー初日のライブは締めくくられた。

今回のツアーはこれまでのAqua Timezのツアーとはまた違ったステージセットと映像演出などもあり、この日から始まったホールツアー「アスナロウ TOUR 2017」、その後続くライブハウスツアー「アスナロウ TOUR2017“season2”」、そして8月5日のツアーファイナルとなる「アスナロウ TOUR 2017 FINAL“narrow narrow”」まで約半年間の旅が続いていく。

イベント情報
「まだ、はじまったばかりプロジェクト」Vol.1(仮)
日程:2017年4月29日(土)
会場:岐阜市民会館
※詳細は後日発表予定

ツアー情報
「Aqua Timez アスナロウ TOUR 2017」
2月4日(土)狭山市市民会館(埼玉)
2月11日(土)広島JMSアステールプラザ大ホール(広島)
2月12日(日)スターピアくだまつ大ホール(山口)
2月18日(土)渋川市民会館(群馬)
2月19日(日)常陸太田市民交流センター(パルティホール)(茨城)
2月25日(土)三島市民文化会館ゆぅゆぅホール(静岡)
3月4日(土)NHKホール(大阪)
3月11日(土)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(愛知)
3月12日(日)バロー文化ホール(多治見市文化会館)(岐阜)
3月17日(金)熊本県立劇場 演劇ホール(熊本)
3月18日(土)福岡市民会館(福岡)
3月20日(月・祝)鯖江市文化センター(福井)
4月1日(土)電力ホール(宮城)

「Aqua Timez アスナロウ TOUR 2017 “season2”」
5月13日(土)青森Quarter(青森)
5月14日(日)盛岡Club Change WAVE(岩手)
5月20日(土)松阪M’AXA(三重)
5月21日(日)KYOTO FANJ(京都)
5月27日(土)山形ミュージック昭和SESSION(山形)
5月28日(日)郡山HIP SHOT JAPAN(福島)
6月3日(土)長崎DRUM Be-7(長崎)
6月4日(日)佐賀GEILS(佐賀)
6月10日(土)松山W studio.RED(愛媛)
6月11日(日)高知X-pt.(高知)
6月17日(土)滋賀U-STONE(滋賀)
6月18日(日)SHELTER(和歌山)
6月24日(土)神戸Harbor Studio(兵庫)
6月25日(日)高松DIME(香川)
7月1日(土)富山MAIRO(富山)
7月2日(日)金沢AZ(石川)
7月8日(土)CRAZY MAMA KINGDOM(岡山)
7月9日(日)米子AZTiC laughs(鳥取)
7月15日(土)大分 DRUM Be-0(大分)
7月17日(月・祝)鹿児島CAPARVO HALL(鹿児島)
7月22日(土)新潟LOTS(新潟)
7月23日(日)長野CULB JUNK BOX(長野)
7月29日(土)札幌ペニーレーン(北海道)
7月30日(日)函館club COCOA(北海道)

「Aqua Timez アスナロウ TOUR 2017 FINAL“narrow narrow”」
8月5日(土)パシフィコ横浜(神奈川)

関連リンク

Aqua Timez オフィシャルサイトhttp://www.aquatimez.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。