体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジ・インターネットのフロント・ウーマンが初のソロ作『Fin』で披露した“王道ソウル・シンガーとしての魅力”(Album Review)

ジ・インターネットのフロント・ウーマンが初のソロ作『Fin』で披露した“王道ソウル・シンガーとしての魅力”(Album Review)

 シドのソロ・デビュー・アルバム『Fin』が素晴らしい。自身のバンド=ジ・インターネットのシンガーとして、既に確かな支持層を獲得してきたシド・ザ・キッド(本名シドニー・ベネット)ではあるけれども、外部プロデューサー(メロー・Xやヒットボーイといった、インディとメインストリームの境目を軽やかに行き来する同世代アーティストとの共鳴は頷けるし、バンドメイトのスティーヴ・レイシーも参加)との共同作業の中でシドという個性を浮き彫りにしてゆく作風だ。

関連記事リンク(外部サイト)

ジ・インターネット、一夜限りのプレミアム・ライブをレポート! 若きソウル・バンドが魅せた強烈な一撃
Album Review:ジ・インターネット『エゴ・デス』 献身的な愛に潜む狂気を歌うラヴ・ソングの到達点
ジ・インターネットの紅一点、シド・ザ・キッドのオフィシャルインタビューが公開中

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。