ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「一声聴いただけで、その人の先の人生が全部視えてしまうらしいんです」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今回お話を伺ったのは、サンミュージック所属のお笑いコンビ「アメリカンコミックス」の飯島さん。霊感を持ちながらも自覚がない、後になってから未来予知をしていたことに気付くなど、少年漫画の主人公のような体験をしてきた飯島さんに与えられた数奇な運命とは………!?

SONY DSC

―――霊感をお持ちだとお聞きしました。

僕の家系がですね、覚醒遺伝的に、例えば、おばあちゃんに霊感があったらその孫が、でまた次の孫がっていう具合に「霊感がとびとびに、目覚める人と目覚めない人が出てくる」っていう家系なんです。それで、僕のおばあちゃんには霊感があったんですよ。普段からよく、家でそういう話をしていて。

ある時、そのおばあちゃんが僕を見て「あ、次は翔平だね」って言ったんです。それがまあ、僕なんですけど。翔平っていうのが。

お前には霊感があるよ」というようなことを言われて、そんなことを言われたら、すごい気になっちゃうじゃないですか。それ以来、普段から周りとかを気にしていたら、色々なものが目に付くようになってしまって………

―――ご自身の霊感を自覚してしまった?

髪の長い人が向こうから歩いて来たら「あっ、もしかして」と思ってしまったりとか。でも、そういうのって普通の人間なんです。気にしすぎているから何でも霊的なものに思えてしまうだけで。何もない空間でバッと振り向いちゃったりとか、なんかすごいビクビクしてしまっていたんです。

それで、ある日バスに乗った時に、手すりに頭をつけて、もたれ掛かるようにして座ってたんです。前の座席の人の左手が僕の方から見えるんですけど、左手なのに、想像できますかね、親指が左側から出てるように見えたんです。左手なのに右手と同じ形。「これって体形的にあり得ないな」って思ったんです。それで「あ、とうとうそういうものに会ってしまった」と思って、ずーっと警戒して見ていたら、その人は普通に降りて行って、何事もなかったので、おそらく、まあ、その、手の形に癖のある方だったというか、特に霊的な何かではないっていう結論になって………その出来事もあって「なんだ、全然霊感なんかないじゃん」と気付いたんです。

それで、久々に田舎のおばあちゃんに会った時に、色々なことを話したんです。「こういうことがあったけど、ちょっとなんか気にしすぎちゃっただけで、何も起きなかった」「僕に霊感があるっていうのは勘違いなんじゃない」という感じのことをおばあちゃんに言ったら「ああ、じゃあ、翔平は見え過ぎるんだねえ」って言われて、「例えば、こういう人に出会わなかったかい?えーと、両手が右手のように見える人」ってバシンと当てられて、驚いてしまって、「あ、それ会ったことあるよ。どういうことなの?」って尋ねたら、「それはね、死後の世界に行った人なんだよ」って教えてくれたんです。
説明し辛いんですけど、向こう側の世界とこちらの世界の境目にいるからなんですかね?鏡写しにして左半身になるっていうか、その、左右対称らしいんですよ。左側にある体もなんか右にある体と一緒になるといううか、ほくろの位置なんかも左右対称になったりするんですよ。僕が見たのは「もう亡くなっていた人」だったんです。

そういうものに会ったいたみたいで、でも、僕はそれが霊的なものだと気付いていないだけで、霊感が強過ぎて、何でも見え過ぎているから「色々なものに会ってる可能性があるから、気を付けろ」っておばあちゃんに警告されたんです。

そういった話も色々あって、それ以降には、友人の死を予言してしまうという出来事もあったんです。

 

―――そんなことがあったんですか?
 

ありました、ありました。

ある時に母親が僕の友人の名前出して「◯◯君って、今何してんの」みたいなことを言ってきたんです。それで、それを聞いて僕は怒ったんです。「いや、◯◯君は、去年事故で亡くなったじゃないか」って確かに言ったんです。僕は、そう思ってるんです。けど、調べてみると、そんな事故なんてなくて、◯◯君は生きていたんです。

あの時の怒りはなんだったんだろう」と思って「僕の勘違いかな?」「確かに僕はそう思ってたんだけど」っていう出来事があって、そんなことは露も知らずに◯◯君は普通に生きて学生をやってたんですけど、1ヶ月後に自動車事故で亡くなったんです。

その時には最後まで「予知した」っていう自覚もなく、気付かないうちに結果的に予言になることを言っていたりとか、霊感的なものを知ってるっていう状態で、なんかその霊能力者の方とはちょっと違うっていうか、「後になって、そうだったと気付く」みたいなことが結構あったんです。

 

―――もしかして、飯島さんご自身が、もっと(霊感を)研ぎ澄ましていったら、その道の専門家になれるかもしれないけど、心の何処かでブレーキかけてしまっているということなのでしょうか?
 

はい。なんか、そうなんですよね。なんかちょっと、自分の能力のようなものを使えていないというか………

多分その、自分の危機を察知したりとかは出来ると思うんですけども、それは決して万能ではないから、気を付けた方がいいよ、みたいなことをおばあちゃんに言われていたんです。

 

―――(予知のビジョンのようなものを)やっぱり、こう、見えたりしますか?
 

そうですね。
後になってから、僕の把握している人数が違ったりとか………

 

―――つまり、その場所にいる人数とかですか?
 

そうです。
あの人誰?」「いや、そんなのいないよ」ってなったりとか。

誰かがケガしたみたいなのも、さっきの事故の話じゃないですけど、あらかじめ知ってたりするんですよ、誰かどんな怪我をするのかを。それで、本人に伝えようとすると「大丈夫!怪我なんかしてないよ」って言われて、その1週間後に、その怪我しましたっていうことが続いたりして、一時期はすごい気味悪がられたりしたんです。

そういった能力があるみたいで、一度、霊能力者の方とかに視てもらいたいなと思うんですよ。おばあちゃんはその、変な話、アマチュアっていうか、霊感はあるけどもそういった専門的な知識はそこまでない人だったので。

 

―――職業にはしていない訳ですものね。
 

そういった方に視てもらって、ちょっと僕がどういう体質なのか教えてもらいたいなって思っている感じなんです。

 

―――ということは、まだ視てもらってないんですね?もし頼むとしたら、そういう筋の人たちにあてはあるんですか?
 

どうなんでしょう………

SONY DSC

でも、なんか、噂だと「電話をするだけで視える」っていう本当に霊感がある方のツテをひとりだけ知ってるんです。とあるツテを使って、その人の連絡先を聞くことが出来るんですけれども、「聞く場合は覚悟しておけ」って言われていて、界隈の人は有名な人らしくて、電話を掛けて、一声聴いただけで、その人の先の人生が全部視えてしまうらしいんです。だから「掛ける場合は覚悟してね」って言われてるんですけど、そういう人にちょっと会ってみたいなって思うんです。

いつ死ぬか」っていうのも全部当てられちゃうらしいんで、覚悟しておかないといけないらしいんですけど、その人には近々会おうと思っているんです。

 

―――会いにいかれるんですね。なんか、番組の企画とかやったりはしないんですか?
 

番組とか企画ではないです。ただ、自分の納得の為ですね。

仕事としては成立しない範囲の霊感なんですよ。「見た」っていうのに自分で気付けないので、どういった能力があるっていうのも分かっていないので、ちゃんとした人に会って、確かめようと思うんです。

 

―――今お伺いした範囲だと、「自分について」が分かってしまうことの方も怖い気がしますね。
 

結構いるらしいんです。第六感的なものがありながらも、自分で気付けていない人。多分、周りにもいるんじゃないかな。もしかしたら、あなたも。

 

―――是非、続報をお聞きしたいです。ありがとうございました。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。