ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“実家暮らし30年男”の料理チャレンジ「揚げないスコップコロッケ&ドリア」を作ってみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“実家暮らし30年男”の料理チャレンジ「揚げないスコップコロッケ&ドリア」を作ってみた f:id:Meshi2_IB:20161028135621j:plain

みなさんは昨年TVなど、メディアでも話題だった「スコップコロッケ」をご存知ですか?

このコロッケ、名前の「スコップ」から想像できるかもしれませんが、実はコロッケなのにスプーンですくって食べるコロッケなんです。しかもこのコロッケは調理がとても簡単で、なんとコロッケで一番面倒な“油で揚げる”という手間がいらないのです。それなのにその美味しさというもの、本家コロッケに勝る勢い!

その気軽さと美味しさゆえに瞬く間に話題となっていった「スコップコロッケ」を、私、生まれてこのかた、まともに料理をしたことのない“実家暮らし30年男”でも作れるか挑戦してみました

今回挑戦するのはコーンクリームを使ったレシピです。

「スコップコロッケ」レシピの中でも缶詰を使っているので、さらに難易度が下がります。しかし調子に乗って、あろうことか生意気にもライスを敷き詰めてドリアにするというアレンジを加えています。子どもの頃にコーンクリームコロッケをおかずによくご飯を食べていたので、この2つが合わないはずがないという安易な発想です(笑)。

材料<1人前>

f:id:Meshi2_IB:20161028141133j:plain ホワイトソース缶 150g(1/2缶) スイートコーン 60g(1/2缶) こしょう 少々 パン粉 15g前後 温かいご飯 150g オリーブ油 適量 乾燥パセリ ※お好みで

たったこれだけ。スイートコーンはザルなどで汁気を切って使用しましょう。

作り方

f:id:uchitomi:20161027000846j:plain

まずはじめに、パン粉をフライパンで乾煎り(からいり)します。乾煎りとは油を引かずに材料を炒めることです。この工程により揚げずにサクッとしたあのコロッケの触感を手に入れることができます。

※ ちなみにパン粉は使用する器にあらかじめ5㎜程の深さになるように敷き詰めると必要分が簡単に判明します。

f:id:uchitomi:20161027000933j:plain

弱火で上下に振ったりして狐色になるまで炒めます。

※ お好みによって、少し香ばしくなるくらいの色になるまで炒めても美味しいですよ。

f:id:Meshi2_IB:20161028141455j:plain

炒めている間にコーンクリームソースを作ります。

耐熱容器にスイートコーンとホワイトソース、こしょう少々を加え混ぜ、ラップをしてレンジで2分程度(500w)加熱します。

※ 混ぜるのにあまり集中し過ぎて、パン粉を焦がさないように!

f:id:Meshi2_IB:20161028141926j:plain

器の一番下にはご飯を敷き詰めます。

※ ご飯が冷たい場合はレンジで温めておきます。

f:id:Meshi2_IB:20161028142014j:plain

次にご飯の上に先ほど温めたコーンクリームソースを塗ります。

※ ご飯に染み込ませるようにしておくのがポイント!

f:id:Meshi2_IB:20161028142114j:plain

そして一番上には乾煎りしたパン粉をまぶしていき、最後にオリーブ油を全体に回し掛けます。

※ 油っぽくなるのでかけすぎ注意!

f:id:Meshi2_IB:20161028135621j:plain

オーブンやトースターで5分程度焼いて、乾燥パセリを振りかければ完成!

※ 表面にかけたオリーブ油により、パン粉に軽く焦げ目がつくのが目安です。

できた!

30年間実家暮らしの男でも全く問題なく完成しました!

というか、読んでいる人もお気づきかもしれませんが、この工程で出来ない人はほとんどいないだろうとツッコミが入るくらい簡単です。技術的なモノは一切いらないので感覚としてはカップ焼きそばを作っているくらいの気軽さでした。

それでも美味しさは反比例していて、サクサクのパン粉とソースとライスの相性が絶妙でまさに子どもの頃に好きだった食べ合わせを再現している懐かしい味わいです。

これなら“料理やらず嫌い”になっていた男性諸君にもうってつけの料理と言ってもいいのではないでしょうか。

また、今回は缶詰の食材を使いましたが、ちょっと料理に慣れている人であればソースをカレーやシチューの残りで作ってみたり、ライスをドライカレーやチキンライスにするアレンジでさまざまなバリエーションが生まれること間違いなし。

どうぞ皆さんも一度お試しください!

書いた人:うちとみ運輸

うちとみ運輸

放送作家、構成作家が所属するエンタメ集団。お笑いライブ、テレビ制作、舞台演出、Web記事制作などを主に活動を行う謎の集団。現在、月刊誌や広報誌、WEBなど各媒体で執筆中。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

スープジャーで、デスクランチでも温かく。栄養もプラス!
【アレンジ3種】即席みそ汁がひと手間で大変身!
感激の進化! 市販ピザのビフォーアフター

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。