体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“実家暮らし30年男”の料理チャレンジ「揚げないスコップコロッケ&ドリア」を作ってみた

“実家暮らし30年男”の料理チャレンジ「揚げないスコップコロッケ&ドリア」を作ってみた f:id:Meshi2_IB:20161028135621j:plain

みなさんは昨年TVなど、メディアでも話題だった「スコップコロッケ」をご存知ですか?

このコロッケ、名前の「スコップ」から想像できるかもしれませんが、実はコロッケなのにスプーンですくって食べるコロッケなんです。しかもこのコロッケは調理がとても簡単で、なんとコロッケで一番面倒な“油で揚げる”という手間がいらないのです。それなのにその美味しさというもの、本家コロッケに勝る勢い!

その気軽さと美味しさゆえに瞬く間に話題となっていった「スコップコロッケ」を、私、生まれてこのかた、まともに料理をしたことのない“実家暮らし30年男”でも作れるか挑戦してみました

今回挑戦するのはコーンクリームを使ったレシピです。

「スコップコロッケ」レシピの中でも缶詰を使っているので、さらに難易度が下がります。しかし調子に乗って、あろうことか生意気にもライスを敷き詰めてドリアにするというアレンジを加えています。子どもの頃にコーンクリームコロッケをおかずによくご飯を食べていたので、この2つが合わないはずがないという安易な発想です(笑)。

材料<1人前>

f:id:Meshi2_IB:20161028141133j:plain ホワイトソース缶 150g(1/2缶) スイートコーン 60g(1/2缶) こしょう 少々 パン粉 15g前後 温かいご飯 150g オリーブ油 適量 乾燥パセリ ※お好みで

たったこれだけ。スイートコーンはザルなどで汁気を切って使用しましょう。

作り方

f:id:uchitomi:20161027000846j:plain

まずはじめに、パン粉をフライパンで乾煎り(からいり)します。乾煎りとは油を引かずに材料を炒めることです。この工程により揚げずにサクッとしたあのコロッケの触感を手に入れることができます。

※ ちなみにパン粉は使用する器にあらかじめ5㎜程の深さになるように敷き詰めると必要分が簡単に判明します。

f:id:uchitomi:20161027000933j:plain

弱火で上下に振ったりして狐色になるまで炒めます。

※ お好みによって、少し香ばしくなるくらいの色になるまで炒めても美味しいですよ。

f:id:Meshi2_IB:20161028141455j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。