ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

絶対買いたい!旅先の宿で見つけた!ガチ美味みやげ7選【全国】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
絶対買いたい!旅先の宿で見つけた!ガチ美味みやげ7選【全国】 「由布院 玉の湯」の柚子こしょう

旅行に行ったら、必ず探すもの。それはお土産!

大切なあの人に、いつもお世話になっている人に、友人に、そして自分にも。でも、あれこれ探しているうちに、帰りの時間が…なんてことも。

そこで今回は、旅行先の宿で見つけた、おすすめのグルメなお土産をご紹介します!

宿にいる間に買うことができれば、のんびりしていてお土産を探しに行く時間がない!なんてこともなく、しかも宿のお土産はどれもおいしいものばかり。ぜひチェックしてみてくださいね!

1.「星野リゾート 界 津軽」の界のかりんとう

「星野リゾート 界 津軽」の界のかりんとう

王道の抹茶味と、和の新たなテイストを感じられるほうじ茶味の2種類を用意。優しい味わいの抹茶と香ばしさが印象的なほうじ茶は、いずれも数種類の茶葉をブレンドする。日本茶はもちろん、コーヒーや紅茶との相性も抜群。各550円 星野リゾート 界 津軽

TEL/0570-073-011(界予約センター)

住所/青森県南津軽郡大鰐町大鰐字上牡丹森36-1

料金/大間のマグロづくしプラン1泊2食2万7000円~(9月~2月)※5日前までに要予約

アクセス/東北道大鰐弘前ICより15分

「星野リゾート 界 津軽」の詳細はこちら

2.「魚拓荘鈴木屋」の鯛せんべい

「魚拓荘鈴木屋」の鯛せんべい

鴨川の亀屋本店が製造する、大正時代に生まれた房州銘菓。観光名所の鯛の浦にちなんで作られ、少し反った鯛の形は海から跳ねているかのよう。小麦粉を薄焼きにしたせんべいで、ウロコに見立てたけしの実も香ばしい。6枚入り216円 魚拓荘(ぎょたくそう)鈴木屋

TEL/0470-44-2811

住所/千葉県南房総市千倉町北朝夷2801

料金/海の幸コース1泊2食1万4040円~(11月~3月)

アクセス/富津館山道富浦ICより25分

「魚拓荘 鈴木屋」の詳細はこちら

3.「名泉鍵湯 奥津荘」の田舎味噌

「名泉鍵湯 奥津荘」の田舎味噌 「名泉鍵湯 奥津荘」の田舎味噌

奥津荘で朝の味噌汁など各種料理に使うのは地元のお味噌屋さんから仕入れたもの。「おいしいからおすそ分けして」との声が多く、おみやげとして販売することに。原料は米と大豆、塩だけで、添加物なしの素朴な味が好評。1kg1080円 名泉鍵湯(めいせんかぎゆ) 奥津荘(おくつそう)

TEL/0868-52-0021

住所/岡山県苫田郡鏡野町奥津48

料金/作州牛の郷土料理満載プラン1泊2食2万1750円~(通年)

アクセス/中国道院庄ICより25分

「名泉鍵湯 奥津荘」の詳細はこちら

4.「藤井荘」のオリジナル林檎ジュース

「藤井荘」のオリジナル林檎ジュース

ラベルに宿の名を入れた林檎ジュースは、小布施ワイナリーの特注品。地元高山村で育ったサンフジだけを使い、丁寧に手搾りにする。少しにごりがあるのは、濾過せず瓶詰めしているから。甘く濃厚でまさに搾りたてを実感できる味わい。744ml 1080円 藤井荘

TEL/026-242-2711

住所/長野県上高井郡高山村奥山田3563

料金/ぽんぽん鍋付き通常プラン1泊2食3万7950円~(通年)

アクセス/上信越道須坂長野東ICより30分

「藤井荘」の詳細はこちら

5.「多郎兵衛旅館」のおかみの手づくりクッキー

「多郎兵衛旅館」のおかみの手づくりクッキー

手作りの味でゲストをもてなすのが宿のモットー。到着時に出す茶菓子がこのクッキーだ。バターをたっぷり使ったサクサクの生地に混ぜるのは、香ばしい和クルミ。クルミの身を取り出すところから手作業という愛情のかけ方。12枚入700円 多郎兵衛(たろべえ)旅館

TEL/0183-47-5016

住所/秋田県湯沢市皆瀬字湯元121-5

料金/きりたんぽ鍋プラン1泊2食1万3110円~(10月~3月)

アクセス/湯沢横手道路湯沢ICより40分

「多郎兵衛旅館」の詳細はこちら

6.「料亭旅館 やす井」の梅ちりめん・ちりめん山椒

「料亭旅館 やす井」の梅ちりめん・ちりめん山椒

京都で修業を積んだ料理長が独自の味を開発。特に梅ちりめんは、天日干しの梅や大葉を混ぜ合わせる際に試行錯誤を繰り返した自信作。ご飯のお供に、酒の肴に、料亭の味を気軽に楽しめる。80g 各1080円 料亭旅館 やす井

TEL/0749-22-4670

住所/滋賀県彦根市安清町13-26

料金/鴨鍋プラン1泊2食2万8620円~(12月~2月)

アクセス/名神高速彦根ICより10分

「料亭旅館 やす井」の詳細はこちら

7.「由布院 玉の湯」の柚子こしょう

「由布院 玉の湯」の柚子こしょう

大分では欠かせない調味料のひとつとして、宿の食事にも添えられる柚子こしょう。ベースは青い柚子の皮と、青唐辛子。塩のほか柚子酢や日本酒と混ぜて寝かせるオリジナルの風味が、ひと味違うと評判に。80g 880円 由布院 玉(たま)の湯

TEL/0977-84-2158

住所/大分県由布市湯布院町湯の坪

料金/通常プラン1泊2食3万5790円~(通年)

アクセス/大分道湯布院ICより10分

「由布院 玉の湯」の詳細はこちら

※記載の宿泊料金は平日大人2名1室利用時の1名料金で税金(消費税、温泉の場合は入湯税も)とサービス料を含みます。

※この記事は2016年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

旅のプロが厳選!人生を変えた?「極上泉質の温泉」教えます【関西・中国・四国】
じゃらん編集部が注目!関東・東北で今気になる温泉地はここ!
湯上りに食べたい♪人気温泉地で外せないおすすめグルメ【九州】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。