ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

覆面パトカーによる追尾式取り締まりの手順とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
覆面パトカーによる追尾式取り締まりの手順とは

覆面パトカーによる速度違反取り締まりは追尾式が基本です。白黒パトカーを含みますが、速度違反取り締まりの約半分は追尾式で検挙されています。そこで、覆面パトカーによる追尾式取り締まりの手順を見ていきましょう。また、覆面パトカーを見分けるテクニックも紹介します。

覆面パトカーは集団に紛れて待つ

追尾式で速度違反を取り締まる覆面パトカーにとっては、後方から勢いよく飛ばしてくる違反車といかにして巡り合うかが重要。このため、覆面パトカーは違反車が来るのを息を殺して待つのが基本スタイルです。

よくあるパターンとしては、第1通行帯と呼ばれる一番左の車線を、大型トラックの前に隠れるようにして80km/hくらいで走行。高速道路は各車がバラバラに走っているように見えて、実は集団を形成しながら走っているものです。

覆面パトカーは集団に紛れて、集団を抜け出そうとするクルマや、後方から追い付き抜いていく違反車を取り締まるというわけ。本線を見下ろせるサービスエリアに止めて、違反車がやって来るのを待つパターンもあります。

追い抜くクルマの車内をよく見る

ただし、違反車が追い越し車線を飛ばしていっても、覆面パトカーはすぐに車線変更はしません。第1通行帯のまま違反車との距離を徐々に詰めていきます。違反車は真後ろから追い上げてくる、自分より速いクルマには敏感だからです。

違反車を追尾距離に捕らえたら、覆面パトカーは追い越し車線に入り、真後ろに付いて速度を合わせて測定開始。追尾式は6~7秒もあれば測定は完了します。このように、覆面パトカーによる追尾式取り締まりは周到に計算されているのです。

そんな覆面パトカーの見分け方は、追い抜くクルマの車内をよく見ること。青い制服の隊員が2人乗っていたら交通取り締まり用の覆面パトカーです。実際、元交通機動隊員は横に並んだ瞬間にこちらを見て、アクセルを抜きそのまま下がって行くドライバーをよく見かけるといいます。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。